>   >   > 覚せい剤逮捕の“橋爪功の息子”橋爪遼に公判で前歴発覚
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

覚せい剤逮捕の“橋爪功の息子”橋爪遼に公判で前歴発覚、さらに「キメセク疑惑」も……

+お気に入りに追加
1710_hashizume.jpg
『うん、何? [DVD]』(SHOCHIKU Co.,Ltd.)

 俳優の橋爪功の息子で、6月に覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われて逮捕された元俳優・橋爪遼被告の初公判が20日、東京地裁で開かれ、検察側が懲役1年6月を求刑し即日結審した。

 各メディアの報道によると、橋爪被告は黒のスーツに黒のネクタイ姿。入廷時と退廷時には傍聴席に向かって深々と一礼。裁判官から職業を聞かれると「今は無職です」。罪状認否では「間違いありません」と起訴事実を認め、「関係者の皆さんに大変なご迷惑をお掛けしてしまったことを、本当に反省しています」と落ち着いた口調で語ったという。

 公判では、検察側により、2011年に薬物絡みで前歴があったが嫌疑不十分で不起訴となっていたことが発覚。検察側は「遅くとも11年ごろには覚せい剤の使用を開始していた。規範意識が鈍磨し、再犯の可能性が大きい」として懲役1年6月を求刑。弁護側は11年の事案が不起訴になっていたことなどを主張し、執行猶予付きの判決を求めて結審した。

「橋爪被告は実家暮らし。父親にも当然監督責任があるが、11年の件でしっかり更生させていれば今回の逮捕劇はなかったかもしれない。責任を感じ落胆しているのか、息子が逮捕されて以来、功は撮影現場でも表情が暗いようだ」(芸能記者)

 橋爪被告は6月2日ごろ、埼玉県新座市内の知人男性の自宅で覚せい剤を使用したとして逮捕されていた。公判での検察側の冒頭陳述によると、橋爪被告は事件当日、インターネットを通じて一緒に覚せい剤を使用する相手を探していたところ、男性が書き込みに応じ初対面。男性に現金2万円を渡し、覚せい剤を注射してもらったという。

 しかし、運悪く男性は別の覚せい剤譲渡事案で捜査員に張り込まれており、自宅前で橋爪被告と職務質問を受けた際に2人とも現行犯逮捕された。男性は別の場所でも橋爪被告と覚せい剤を使用する予定だったと供述していたという。

「橋爪容疑者が同性愛者という話が、逮捕後に業界内で広まっていた。以前の言動などから『やっぱり……』と思ったという話も、何人かから聞いた。新宿2丁目に出入りしているというウワサもあったが、逮捕時の状況からすると、おそらく“キメセク”をしていた可能性が高い。自分が俳優ということもあり、慎重に相手を選ばないといけないので、ネットで探していたのでは。父親は逮捕後、会見をしようとしていたというが、息子についてあれこれ詮索されるのを危惧してコメントを出すにとどめたようだ」(週刊誌記者)

 判決は11月13日に言い渡されるが、その後、父親がどう更生させるのかが注目される。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』