>   >   > 歌舞伎界が騒然!松竹のフトコロ事情と海老蔵の過労死対策
ニュース
"歌舞伎座の呪い"から脱却できるか?

歌舞伎界が騒然! 松竹のフトコロ事情と海老蔵の過労死対策

+お気に入りに追加

若き天才・海老蔵――その苦悩と影響力

いま、歌舞伎界において、あの若き天才・市川海老蔵の存在感が際立ってきているという。それは決して、彼の才能と、妻・麻央の不幸な死のみから来るものではないのだという。いったいいま、歌舞伎界で何が起こっているのか。一見盤石に見える松竹の歌舞伎役者支配体制のほころびと共に、その知られざる真相に迫る!

1711_ebizo_200.jpg
『市川海老蔵 眼に見えない大切なもの』(講談社)

 今年7月、東京・東銀座の歌舞伎座で行われた「七月大歌舞伎」【1】には歌舞伎ファン、そしてマスコミの注目が集まった。座頭役を務める市川海老蔵(39)の妻、小林麻央さんが直前の6月22日に乳がんのため34歳の若さで亡くなったためだが、実はこの公演の舞台裏で歌舞伎界の歴史に残るようなある“事件”が起きてもいた。

「12日(水)夜の部、19日(水)昼の部は休演」

「“事件”とは、七月大歌舞伎のパンフレットの片隅にこれまでは見られなかったこのような一文が加えられたことを指します。たかが2回の休演とも思われるでしょうが、これは歌舞伎界では画期的なこと。従来、歌舞伎公演は1カ月25日間50公演ぶっ続けが基本で、歌舞伎役者が休めるのは、公演の切れ目の月末月初の数日間のみ。その間も次回公演の稽古が行われているのが常で、人気役者ともなれば公演期間中もテレビ・映画出演、インタビューもこなすため、まさに殺人的スケジュールとなります。それでも、1公演を休めばチケット販売だけでも1000万円以上の売り上げが吹っ飛ぶといわれ、収益面での影響はかなり大きいため、歌舞伎興行主である松竹はこれまで、休演日などを設けてはこなかったんです」(歌舞伎界関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』