>   >   > 歌舞伎界が騒然!松竹のフトコロ事情と海老蔵の過労死対策
ニュース
"歌舞伎座の呪い"から脱却できるか?

歌舞伎界が騒然! 松竹のフトコロ事情と海老蔵の過労死対策

+お気に入りに追加

若き天才・海老蔵――その苦悩と影響力

いま、歌舞伎界において、あの若き天才・市川海老蔵の存在感が際立ってきているという。それは決して、彼の才能と、妻・麻央の不幸な死のみから来るものではないのだという。いったいいま、歌舞伎界で何が起こっているのか。一見盤石に見える松竹の歌舞伎役者支配体制のほころびと共に、その知られざる真相に迫る!

1711_ebizo_200.jpg
『市川海老蔵 眼に見えない大切なもの』(講談社)

 今年7月、東京・東銀座の歌舞伎座で行われた「七月大歌舞伎」【1】には歌舞伎ファン、そしてマスコミの注目が集まった。座頭役を務める市川海老蔵(39)の妻、小林麻央さんが直前の6月22日に乳がんのため34歳の若さで亡くなったためだが、実はこの公演の舞台裏で歌舞伎界の歴史に残るようなある“事件”が起きてもいた。

「12日(水)夜の部、19日(水)昼の部は休演」

「“事件”とは、七月大歌舞伎のパンフレットの片隅にこれまでは見られなかったこのような一文が加えられたことを指します。たかが2回の休演とも思われるでしょうが、これは歌舞伎界では画期的なこと。従来、歌舞伎公演は1カ月25日間50公演ぶっ続けが基本で、歌舞伎役者が休めるのは、公演の切れ目の月末月初の数日間のみ。その間も次回公演の稽古が行われているのが常で、人気役者ともなれば公演期間中もテレビ・映画出演、インタビューもこなすため、まさに殺人的スケジュールとなります。それでも、1公演を休めばチケット販売だけでも1000万円以上の売り上げが吹っ飛ぶといわれ、収益面での影響はかなり大きいため、歌舞伎興行主である松竹はこれまで、休演日などを設けてはこなかったんです」(歌舞伎界関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』