>   >   > 川島海荷「手つなぎ不倫報道」で仕事激減危機!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

川島海荷「手つなぎ不倫報道」で仕事激減危機! “トバッチリ”新垣結衣が、メンタル崩壊?

+お気に入りに追加
1710_kawashima.jpg
『川島海荷写真集 海荷二十歳』(講談社)

 またもや、新垣結衣に全てのシワ寄せが来るのだろうか。

 10月3日発売の「FLASH」(光文社)にて、女優・川島海荷と40代のTBS局員との手つなぎ写真が掲載された。

「川島と男性が飲食店を出た後に路上で手をつないでいる姿を激撮されています。後日、記者からの直撃を受けた川島は『酔っ払ってフラフラだった』『ドラマでご一緒させてもらってから、たまに相談に乗ってもらったり』と答え、男女の関係を否定しています。しかし、男性が既婚者であることから、世間からは不倫関係だったのではないかと疑われることとなりました」(週刊誌記者)

 昨年来、芸能人の不倫に対しては、「犯罪」同然の厳しい扱いをされ、テレビ局やスポンサーにも視聴者からの苦情が殺到。結果、テレビから姿を消す女優やタレントも多い。

 もし今後、決定的な“不倫の証拠”が出ようものなら、『ZIP!』(日本テレビ系)などレギュラー番組を持つ川島にとっては大きすぎる痛手だ。

「そうなった場合、事務所の先輩である新垣結衣に負担がかかる可能性がある」と言って、業界関係者がこう続ける。

「川島の所属事務所は、のんの独立や、清水富美加の出家、マギーの不倫報道などゴタゴタ続き。そして今回、川島に『不倫』のイメージが付いて仕事が激減するようなことになれば、その穴は稼ぎ頭である新垣が埋めることとなる。多忙を極める彼女は、以前からメンタルを心配されてきただけに、これ以上仕事が増えたら本当に倒れてしまうかもしれませんよ。ましてや、新垣と川島はお互いの自宅を行き来するほどの仲ですから、今回の件で彼女の心労は相当なものでしょう」

 新垣は7月期のドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)に続き、10月21日には主演映画『ミックス。』の公開も控えている。さらに『コード・ブルー』の映画化が決まり、昨年のヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の続編もウワサされている。

「ドラマや映画だけでなく、多くのCMにも出演する新垣ですが、現場のスタッフからは『目が死んでる』『覇気がない』といった声が多く聞かれます。『ミックス。』のPRで吉本新喜劇に参加した際も、笑顔とは裏腹に“表情筋”はほとんど動いていませんでしたね」(芸能記者)

 もし新垣が体調を崩して休養するようなことになれば、ファンの怒りの矛先は川島へと向かうかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』