>   > 精神異学~忘れられた治療法~【4】/【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
連載
精神異学~忘れられた治療法~【4】

【精神科医・岩波明】「アダルト・チルドレン」ですべては親のせい!?

+お気に入りに追加

[語句解説]「アダルト・チルドレン」

1710_iwanami_P106-107_200.jpg

元来は、「Adult Children of Alcoholics」(アルコール依存症の親の元で育ち、成人した人々)として、1970年代に米国で提唱された、主として生物学的な側面に焦点を当てた概念であったが、前半の「アダルト・チルドレン」を直訳した「大人・子ども」という語感のせいもあってか、「親との葛藤を抱え、子どものまま大人になった人」といった曲解を生み、「生きづらさを抱えている人」の自称として流布した。


「アダルト・チルドレン」という言葉はもう死語になったと思っていたのですが、最近外来を受診した患者さんが「自分はアダルト・チルドレンなので」と言うのを聞いて、昔はやった流行語をふいに耳にしたときのような、ちょっと気恥ずかしいような、微笑ましいような気分になったことがありました。

 精神科関係の用語は、ときおり、世の中の流行の言葉になります。1971年に出版された精神科医の土居健郎氏による『甘えの構造』がベストセラーになったとき、「甘え」という言葉が一世を風靡したことを記憶している人もいるかもしれません。阪神淡路大震災後の1990年代には、「トラウマ」や「心のケア」といった用語が、一般の報道やテレビにおいても盛んに用いられるようになりました。今世紀に入ってからも、日本大学の森昭雄氏の造語である「ゲーム脳」という言葉が、科学的な根拠がないにもかかわらず一般に広く信じられました。

 このような精神医学的用語の「流行」は、大きく2つに分けられます。第一に挙げられるのは、まったくの捏造であり科学的な根拠のない言葉。「ゲーム脳」がその典型ですが、ほかにも、春山茂雄氏が提唱した「脳内革命」などがこれに相当するでしょう。そして2番目のパターンとして挙げられるのは、ある既存の医学的概念について、都合のいい部分だけを取り上げたり、あるいは内容を変更したりして使用しているものです。「新型うつ病」という病名が登場したとき、一般の人々はこの病名が医学的にも使用されている言葉と解し、有名な経済紙でさえ盛んに取り上げたりしていました。

 それでは今回のテーマであるアダルト・チルドレンはどうかというと、後者に相当します。この言葉自体は、日本では精神科医の斎藤学氏によって広められましたが、まったくの新造語ではない。元来は医学研究のための専門用語で、「アルコール依存症患者の成人に達した子ども」を意味しています。 

 欧米、特に米国においてアルコール依存症は、日本よりもはるかに重大な社会問題となっていました。親がアルコール依存症である子どもたちが成長すると、さまざまな精神科的な問題行動を起こしやすいことが報告されたため、このアダルト・チルドレンという概念が提唱され、1980年代の後半から90年代にかけ、多くの医学的な研究が行われたのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』