>   > 精神異学~忘れられた治療法~【4】/【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
連載
精神異学~忘れられた治療法~【4】

【精神科医・岩波明】「アダルト・チルドレン」ですべては親のせい!?

+お気に入りに追加

[語句解説]「アダルト・チルドレン」

1710_iwanami_P106-107_200.jpg

元来は、「Adult Children of Alcoholics」(アルコール依存症の親の元で育ち、成人した人々)として、1970年代に米国で提唱された、主として生物学的な側面に焦点を当てた概念であったが、前半の「アダルト・チルドレン」を直訳した「大人・子ども」という語感のせいもあってか、「親との葛藤を抱え、子どものまま大人になった人」といった曲解を生み、「生きづらさを抱えている人」の自称として流布した。


「アダルト・チルドレン」という言葉はもう死語になったと思っていたのですが、最近外来を受診した患者さんが「自分はアダルト・チルドレンなので」と言うのを聞いて、昔はやった流行語をふいに耳にしたときのような、ちょっと気恥ずかしいような、微笑ましいような気分になったことがありました。

 精神科関係の用語は、ときおり、世の中の流行の言葉になります。1971年に出版された精神科医の土居健郎氏による『甘えの構造』がベストセラーになったとき、「甘え」という言葉が一世を風靡したことを記憶している人もいるかもしれません。阪神淡路大震災後の1990年代には、「トラウマ」や「心のケア」といった用語が、一般の報道やテレビにおいても盛んに用いられるようになりました。今世紀に入ってからも、日本大学の森昭雄氏の造語である「ゲーム脳」という言葉が、科学的な根拠がないにもかかわらず一般に広く信じられました。

 このような精神医学的用語の「流行」は、大きく2つに分けられます。第一に挙げられるのは、まったくの捏造であり科学的な根拠のない言葉。「ゲーム脳」がその典型ですが、ほかにも、春山茂雄氏が提唱した「脳内革命」などがこれに相当するでしょう。そして2番目のパターンとして挙げられるのは、ある既存の医学的概念について、都合のいい部分だけを取り上げたり、あるいは内容を変更したりして使用しているものです。「新型うつ病」という病名が登場したとき、一般の人々はこの病名が医学的にも使用されている言葉と解し、有名な経済紙でさえ盛んに取り上げたりしていました。

 それでは今回のテーマであるアダルト・チルドレンはどうかというと、後者に相当します。この言葉自体は、日本では精神科医の斎藤学氏によって広められましたが、まったくの新造語ではない。元来は医学研究のための専門用語で、「アルコール依存症患者の成人に達した子ども」を意味しています。 

 欧米、特に米国においてアルコール依存症は、日本よりもはるかに重大な社会問題となっていました。親がアルコール依存症である子どもたちが成長すると、さまざまな精神科的な問題行動を起こしやすいことが報告されたため、このアダルト・チルドレンという概念が提唱され、1980年代の後半から90年代にかけ、多くの医学的な研究が行われたのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』