>   >   > オトメゴコロ乱読修行【30】/【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1710_otome_utiagehanabi_200.jpg

 アラフォー文化系オヤジの「後生大事に」系コンテンツ・映像部門で常連上位の実写作品がある。『花とアリス』『リップヴァンウィンクルの花嫁』でおなじみ、少女映画界のマエストロ・岩井俊二が脚本・監督した単発テレビドラマ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ。放映は実に24年前の1993年。「当時14歳の奥菜恵は、それはもう後光が差すほどに神々しい美少女だったのだよ。まさかサイバーエージェントの(以下略)」などと件のオヤジどもが目を細めて語りだすのは、ここ十余年ほど花火の季節の風物詩だ。

 本作はこの8月、劇場用アニメとして鳴り物入りでリメイクされたが、「オタク向けの凡庸な青春アニメに劣化した」「シャフトにしては作画があまり……」「半端に『君の名は。』と『時かけ』要素を足して、ストーリー改悪してんじゃねえ」「これがホントの『偽物語』」といった微妙な評価が悪目立ちしてしまった。汚名返上の意味でも、今回は原作である岩井版に注目したい。

 舞台は海が近いとある町。夏休みの登校日、小学生の典道(山崎裕太)と祐介(反田孝幸)ら男子5人は、「花火を横から見ると丸いのか、平べったいのか」を確かめようと、ある計画を企てる。一方、典道が恋心を抱くクラスメートのなずな(奥菜恵)は、両親の離婚によって夏休み中に転校しなければならない。どうにも納得できないなずなは、プールで泳ぎを競う典道と祐介に遭遇。ふと思い立って、勝者との駆け落ちを企てるが……。

 50分に満たない中編にもかかわらず、中盤のあるシーンには、女子の重要な本質が現れている。典道に駆け落ちを持ちかけたなずなは、ふたりで駅に向かう。その待合室でのことだ。

 まず、なずなが「あ、切符買わなきゃ」と言って画面からフレームアウト、それを典道が不安そうに待っている。少し置いてなずなが戻り、画面にフレームイン。典道が「切符は?」と聞くと、なずなは「切符ってなんの切符?」と言い、典道が混乱していると、まるで駆け落ち計画なんて最初からなかったかのように、「帰ろ」と言うのだ。結果、ふたりは駆け落ちをしない。

 本作は90年代に人気を博した『世にも奇妙な物語』の流れを汲むオムニバステレビドラマシリーズ「if もしも」の1本として制作されたため、このシーンをSF的に解釈することもできる。が、ここは早熟ななずな(典道より身長が高く、とても同級生には見えない)が早々に獲得した「少年から見た、大人の女性の不可思議さ」が現れていると捉えるべきだろう。男の子が一切あずかり知らぬところで、女性は「何かに激昂し、何かに納得する」。その圧倒的な思考のスピードに、男は一生追いつけない。それゆえ、男はその「何か」を一生知ることはない。言い換えるなら、「女子は常に男子の“先”を行く存在」なのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』