>   >   > カンニング竹山、Web番組打ち切りは「広瀬すず」が原因か
1709_hirose.jpg
『広瀬すずPHOTO BOOK 『17才のすずぼん。』』(集英社)

「すっぴんがブサイクだと思う女性有名人」「整形していると思う芸能人」「人気があるけど事務所の力だと思う芸能人」など、地上波では放送できない街の声をランキング化するという過激な内容で人気を博していたバラエティ番組『マジガチランキング』(AbemaTV)が、9月20日の放送をもって突然の終了となった。

 最終回では冒頭、MCのカンニング竹山が「すごいところから怒られまして、番組打ち切ることになりました」と説明。終わらせなければスタッフのクビが飛ぶ、かなり深刻な状況に追い込まれていたという。

「番組では過去、『ルックスがイマイチなジャニーズ』をお題にしたり、『カメラの前でだけ“いい人”を演じてそうな芸能人』では3位に嵐・櫻井翔がランクインにしたことを報じていた。ほかにも、『歌が上手いと思うミュージシャンランキング』の1位に嵐・大野智が選ばれた際に、竹山が『納得がいかない』と発言したことで、翌週に番組側が謝罪する事態に発展したこともあった。そのため今回の打ち切りもジャニーズからの圧力がウワサされましたが、竹山が『あれもありましたし、違うところから怒られた』と語ったことから、別の事務所からも抗議があったようです」(芸能ライター)

 そこで、ネット上ではジャニーズとは別の抗議先についての推測コメントが連打されたが、そこでもっとも有力視されたのが、あの若手女優だった。前出の芸能ライターが言う。

「広瀬すずですよ。彼女は『枕営業をしていると思う芸能人』で8位、『テレビに出ていたらチャンネルを変えたくなる有名人』で4位、『カメラの前でだけ“いい人”を演じてそうな芸能人』では1位になるなど、ネガティブなお題の上位常連だった。ある回では『お姉ちゃんの友達が同じクラスで、超性格悪いって言ってた!』という確認の取れていない一般人のコメントまで流したこともあった。CM女王の広瀬はタレントイメージに敏感にならざるを得ませんから、所属事務所から番組に圧力がかかった可能性はありそうです」

 最終回は「10代がこの夏、面白かったと思うドラマ」という当たり障りのないテーマで視聴者も拍子抜け。人気番組だっただけに、竹山もさぞかし無念だったに違いない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』