>   >   > 世界中で増殖する心霊動画【1】/【心霊動画】の潮流と愉しみ方
第1特集
世界中で増殖する心霊動画【1】

日本の心霊動画は基本的に違法モノ!幽霊がグローバル化している!?怖い心霊動画の潮流と愉しみ方

+お気に入りに追加

――一昔前なら、心霊映像はテレビのオカルト番組や、『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズのような一般投稿(という体の)ビデオ/DVDなどで怖がりつつ愉しむものだったが、今やYouTubeで膨大な心霊動画が見られる。では、それらの動画は誰がいかにして撮影し、どう受容されているのか? その変遷と最新動向を探りたい。

1710_shinreidouga_200.jpg
『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズは、実はまだ続いている……。こちらは、8月にリリースされた74巻。

 YouTubeをはじめとする動画共有サイトが一般化したことで、かつてはテレビ番組やレンタル・セルビデオ/DVDで視聴されていた心霊映像も、今やネット動画として消費されている。本稿では、この心霊動画の近年の傾向および受容のされ方の変化について考察していきたい。

 怪奇現象研究家であり、自身も数多くの心霊DVDの監修を行ってきた住倉カオス氏によれば、「現在YouTubeなどの動画サイトに投稿されている日本の心霊動画のほとんどは、基本的に違法にアップロードされたもの」だという。

「要は、レンタルもしくはセル向けのDVDをリッピングしたものや、テレビの心霊番組を録画したものを権利者に無断でアップしているわけです。合法なのは、ニコニコ生放送の生主など配信者が自ら心霊スポットに赴く通称“凸(突撃)”といわれるものですが、それらの動画には必ずしも何かが映っているわけではありません。もっと言えば、幽霊らしきものががっつり映っている日本の心霊動画は、ほとんどが『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズ(1999年~)以降のパッケージの映像を誰かが勝手に上げたものなんです」(住倉氏)

 同シリーズに代表される心霊DVDの多くは、一般投稿された映像を検証する“という体”のフェイク・ドキュメンタリーといわれている。ということは、日本の心霊動画はほとんど偽物なのだろうか――。その前に、日本のテレビとDVDで心霊映像がどのように扱われてきたか、ざっとおさらいしておこう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』