>   >   > プラットフォームとヘイト動画のバトル
第1特集
人海戦術かAIか?ヘイト動画の規制問題

世界の大企業が「広告引き上げ」の騒動も……世界のウェブ企業を悩ませるタブーな“ヘイト動画”のトリセツ

+お気に入りに追加

――日本でも昨年、ヘイトスピーチ対策法が施行され、大阪市にもヘイトスピーチ抑止を目的とした条例が登場。さまざまな面で、ヘイトスピーチへの対策が進んでいる。海外では、ヘイト動画に自社の広告が自動表示されたとして、大手企業が広告の引き上げを断行。こうした動画は、果たして規制できるのだろうか?

1710_heitodouga_200.jpg
『ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか』(明石書店)

 今年3月、世界最大級の広告代理店が、YouTubeやグーグルの広告配信ネットワークから広告を引き上げた騒動が全世界で報じられた。

 ことの発端となったのは、白人至上主義団体KKKの元代表・デイビッド・デューク氏や、同性愛者向けナイトクラブで49人が射殺された事件を称賛したスティーブン・アンダーソン牧師の動画。その動画に、英内務省などの政府機関やBBC、ガーディアンといったメディアの広告が掲載されていたのだ。

「英国のニュースメディアが3月17日に『極右勢力のヘイトスピーチ動画に、BBCの広告が表示されている』と報じました。BBCは英国の公共放送局ですが、その広告表示により、あたかも極右勢力を支持しているかのように捉えられる危険があったわけです」

 そう話すのはジャーナリストのまつもとあつし氏。周知の通り、YouTubeやその所有企業のグーグルの広告配信ネットワーク(Google Display Network)に表示される広告は、独自のアルゴリズムで自動的に決定されている。そのため、グーグル側のあずかり知らぬところで、差別やヘイトを撒き散らす動画と、BBCなどの広告がマッチングしてしまったわけだ。英政府はこの件でグーグル側に「憎悪や偏見に満ちたコンテンツを野放しにしている」と書簡を送付。英国軍のリクルートや献血の呼びかけ等、すべての広告を取り下げる事態にも発展した。

「グーグルも一連の動きを重大視し、対応を行っています。同社のCBO(最高ブランド責任者)は3月20日に更新した公式ブログで、『問題あるコンテンツをGDNから排除する』『広告主による除外設定をよりやりやすくする』と発表しました」(まつもと氏)

 このように、ヘイトスピーチをはじめとした過激な動画は、急激な成長を続けるウェブ業界でも悩みのタネとなっている。その問題を本稿では詳しく見ていこう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』