>   >   > プラットフォームとヘイト動画のバトル
第1特集
人海戦術かAIか?ヘイト動画の規制問題

世界の大企業が「広告引き上げ」の騒動も……世界のウェブ企業を悩ませるタブーな“ヘイト動画”のトリセツ

+お気に入りに追加

――日本でも昨年、ヘイトスピーチ対策法が施行され、大阪市にもヘイトスピーチ抑止を目的とした条例が登場。さまざまな面で、ヘイトスピーチへの対策が進んでいる。海外では、ヘイト動画に自社の広告が自動表示されたとして、大手企業が広告の引き上げを断行。こうした動画は、果たして規制できるのだろうか?

1710_heitodouga_200.jpg
『ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか』(明石書店)

 今年3月、世界最大級の広告代理店が、YouTubeやグーグルの広告配信ネットワークから広告を引き上げた騒動が全世界で報じられた。

 ことの発端となったのは、白人至上主義団体KKKの元代表・デイビッド・デューク氏や、同性愛者向けナイトクラブで49人が射殺された事件を称賛したスティーブン・アンダーソン牧師の動画。その動画に、英内務省などの政府機関やBBC、ガーディアンといったメディアの広告が掲載されていたのだ。

「英国のニュースメディアが3月17日に『極右勢力のヘイトスピーチ動画に、BBCの広告が表示されている』と報じました。BBCは英国の公共放送局ですが、その広告表示により、あたかも極右勢力を支持しているかのように捉えられる危険があったわけです」

 そう話すのはジャーナリストのまつもとあつし氏。周知の通り、YouTubeやその所有企業のグーグルの広告配信ネットワーク(Google Display Network)に表示される広告は、独自のアルゴリズムで自動的に決定されている。そのため、グーグル側のあずかり知らぬところで、差別やヘイトを撒き散らす動画と、BBCなどの広告がマッチングしてしまったわけだ。英政府はこの件でグーグル側に「憎悪や偏見に満ちたコンテンツを野放しにしている」と書簡を送付。英国軍のリクルートや献血の呼びかけ等、すべての広告を取り下げる事態にも発展した。

「グーグルも一連の動きを重大視し、対応を行っています。同社のCBO(最高ブランド責任者)は3月20日に更新した公式ブログで、『問題あるコンテンツをGDNから排除する』『広告主による除外設定をよりやりやすくする』と発表しました」(まつもと氏)

 このように、ヘイトスピーチをはじめとした過激な動画は、急激な成長を続けるウェブ業界でも悩みのタネとなっている。その問題を本稿では詳しく見ていこう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』