>   >   > 芸能界のドンが再び実権を握った!旧態依然レコ大の行方
ニュース
バーニング今年のゴリ推しはNOBU…って誰だ!?

芸能界のドンが再び実権を握った! 旧態依然レコ大の行方

+お気に入りに追加

週刊誌の買収疑惑報道の影響とは?

本誌では再三、レコ大の受賞には“上納金”が必要であると報じてきたが、昨年、その証拠となる領収書の存在を「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。さらに同誌上で、主催者である日本作曲家協会の会長が異例ともいえる謝罪を行った。これにより、レコ大が健全化されるかと思われていたが……。

芸能界のドンが再び実権を握った! 旧態依然レコ大の行方の画像1
日本作曲家協会のHP。

 今や、『輝く!日本レコード大賞』(TBS)といえば、音楽業界最大の“賞レース”としてだけではなく、“出来レース”として広く知られている。ノミネートされるアイドルグループらを鑑みても、もはや「誰が受賞するのか」ではなく、「好きなアーティストがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか」、ということに視聴者の興味が移っているかのように思われる。

 とはいえ、芸能界のドンこと周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションをはじめ、一部の大手芸能プロダクションが政治力を発揮する「大賞」「最優秀歌唱賞」「最優秀新人賞」などの選考をめぐっては、毎年、業界のお歴々が受賞を狙って水面下で暗躍している。事実、昨秋には、三代目J Soul Brothersに大賞を獲らせようとしていた大手芸能事務所のLDHに対して、バーニングが1億円を要求する請求書が存在したことを「週刊文春」(文藝春秋)が報じて話題を集めた。

 週刊誌の芸能デスクが語る。

「バーニングが、レコ大を主催する日本作曲家協会【1】や後援するTBS、各賞の審査に携わるスポーツ紙や一般紙、テレビ局などの音楽担当記者に強い影響力を持ち、半ば牛耳っていることは業界内では常識だったとはいえ、請求書の写しを誌面上で公開したインパクトはさすがに大きかった。

 この報道により、レコ大に対する世間の風当たりの強さが一層増したと言ってもいいでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』