>   >   > 【ハイロー特集その1】この1年でハイローに何が起こったのか振り返る
第1特集
琥珀さん、今年もやるぞ…!サイゾーpremiumハイロー祭【1】

『HiGH&LOW』にまた殴られた! 今年も大特集を(勝手に)やります!宣誓と、この1年ハイローに何が起こったのか振り返る

+お気に入りに追加
cyzo_hl_03.jpg
どうかしちまったのは琥珀さんだけじゃなかった…。(「HiGH&LOW THE MOVIE」DVD)

『HiGH&LOW THE MOVIE』に殴られてから、1年がたった。

『君の名は』や『シン・ゴジラ』に沸いた昨夏の邦画界において、同作は興行収入21億円にとどまりながら、局地的に絶大なブームを生んだ。世に言う「どうしちまったんすか琥珀さんムーブメント」である。

 本誌編集部でも、一部の編集者がこの作品に脳を焼かれ、焼かれた勢いのままに、「HiGH&LOW」プロジェクトを動かすLDHとも、映画の配給会社である松竹とも特に関係なく、勝手に特集を組んだ。

『EXILEがオタクを殴り倒した夏――興行収入だけでは測れない!映画『HiGH&LOW』ムーブメントに迫る』

『『HiGH&LOW』は〈国産の海外映画〉である。"EXILEへの偏見"が、かえって映画への没入を加速させた!』

『俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!』

『『HiGH&LOW』は対ジャニーズ連合軍か!? テニミュ、ジュノンボーイ、メンノンetc…イケメンカルチャーの集大成を見た!』

『幼なじみ、義兄弟、闇堕ち…『HiGH&LOW』を見た腐女子が読み返すべき傑作BL40選』

cyzo_hl300.jpg
別冊サイゾー「想像以上のマネーとパワーと愛と夢で幸福になる、拳突き上げて声高らかに叫べHiGH&LOWへの愛と情熱、そしてHIROさんの本気(マジ)を本気で考察する本」

 あまつさえ、同じように脳を焼かれた方々に協力いただいて、勝手に考察本までつくってしまった。

 それほどまでに、『HiGH&LOW THE MOVIE』の衝撃はすさまじかったのだ。

 あらためて説明すると、「HiGH&LOW」とは、EXILE本体から三代目 J Soul Brothers、GENERATIONSにTHE RAMPAGE、劇団EXILE、そしてE-girlsまで、LDHに所属する面々が大挙して出演する、LDH製作の映画及び一大プロジェクトである。公開前〜直後は「EXILEファンしか観ない」という下馬評が大半だったが、前述の通り、本来のLDHファンではない層にまで突き刺さった。

 その理由としては、さまざまな要因があげられる。LDHのパフォーマーたちの肉体を活かしきったアクション、他事務所の俳優たちの名演、こだわりの音楽とカネのかかった映像、多すぎるキャラ数、ガバガバの設定と世界観……etc,etc。上記の記事やムック本では、そうした魅力をさまざまな角度から語った。それでも語り尽くしたとはいえないくらい、ハイローの沼は深かった。

 さて、この1年で何があったか? 1年前の時点でわかっていたのは、スピンオフ映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開されること、ドームライブ「HiGH&LOW THE LIVE」が開催されていることだけだった。『THE RED RAIN』を観る限り、物語はまだ終わらないらしい。続編をジリジリと待つしかない――そう思ったのは、杞憂だった。というか、ハイローをつくりだすLDHという組織をナメていた。

cyzo_hl_02.jpg
元旦に更新された公式HPの画面。正月早々血が滾った。

 2017年元旦、「HiGH&LOW」のウェブサイトが更新された。「謹賀新年」の挨拶と共に、「HiGH&LOW THE MOVIE2 8.19全国ROADSHOW! HiGH&LOW THE MOVIE3 11.11全国ROADSHOW!」という文字が並んでいる。やるのか。一気に2本も。

 そこから堰を切ったように、次々と新プロジェクトが発表されていった。3月にはマンガ家・CLAMPとのコラボ企画「HiGH&LOW g-sword」がスタート。5月によみうりランドとのコラボイベント「HiGH&LOW THE LAND & THE MUSEUM」の開催が発表され、6月にオープン。そうこうするうちに新作映画の情報も更新され、それぞれタイトルは『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』および『HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION』と判明した。タイトルの含意を考察しているこちらを置き去りに、新規追加キャストが発表され、予告映像、そして各キャラクターの新ビジュアルが公開され……またたくまに8月19日、『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』公開日がやってきた(そしてTAKAHIROさんが結婚した。おめでとうございます)。

 率直に言って、『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』も想像以上の素晴らしい出来栄えであった。おなじみの面々のキャラクターの作り込み、新登場キャラたちの味付けの濃厚さ、日本映画ではついぞお目にかかれなかったようなカースタント、観たこともない動きをするアクション、掘り下げられたストーリー……ハイローは、さらに強さを増して1年越しで再び殴りかかってきたのだった。

 今年も脳を焼かれることに悔いはない。まだ観ていない方の背中を押すべく、すでに観た方を再び劇場へ誘うべく、今年もサイゾーpremiumでは勝手に祭りを開催することにした。なお、今回も“達磨”は通していない点はご承知おきいただきたい。

■9/14公開予定『前回の予想も的中!加藤よしき×藤谷千明が語るハイロー新作映画のヤバさ』(対談前編)

■9/15公開予定『岩田剛典に畏怖と敬意を!加藤よしき×藤谷千明が語るハイローに残された課題』(対談後編)

■9/16公開予定『小説家も唸る! 海猫沢めろんが語る「『HiGH&LOW』新作の脚本ココがスゴい!」』

■9/17公開予定『山王連合会の正義とは何か? EXILEのドキュメンタリー番組からハイローを読み解く』


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』