サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【15】/祭りと【フリースタイル】の相性
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【15】

盆踊りはかつて即興的だった――祭りとフリースタイルの相性

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1709_Matsuri_230.jpg
西馬音内盆踊りの特設櫓の上で熱演を繰り広げる囃子方。MCバトル人気も相まってか、祭りにおけるラップのあり方にも変化が起きているとか?(写真/ケイコ・K・オオイシ)

 はるか昔から伝わる盆踊り歌に合わせ、決まりきった振り付けで踊るもの――盆踊りに、そんなイメージを持っている方は少なくない。もちろん、地域で継承されてきた伝統を守り、次世代へパスするのも盆踊りの大切な側面だが、盆踊りの形は決してそれだけではない。歌い手が“フリースタイル”で言葉を繰り出し、ひとつひとつの言葉に対して踊り手たちが熱狂するような、いわば現在注目を集めているMCバトルとほとんど変わらない盆踊りのスタイルが、かつては各地で行われていた。今回はそんな「フリースタイル・ラップとしての盆踊り」を紐解いてみたい。

 日本三大盆踊りのひとつに数えられる秋田県雄勝郡羽後町西馬音内の「西馬音内盆踊り」は、そうしたフリースタイルの姿を現代に伝えてくれる盆踊りだ。名物は踊り手たちの優雅な舞いだが、その踊りを煽るのが、笛や大太鼓、三味線、鉦によって奏でられるクールな囃子と、喉に自信のある者たちの歌。秋田弁の特徴的なイントネーションによる「地口」(リズミカルに言葉を乗せていくパート)は、ほとんどラップ。しかもフレーズは星の数ほど存在し、即興的要素も強かったという。もっとも有名なフレーズがこれだ。

「時勢はどうでも/世間はなんでも/おどりこおどたんせ/日本開びゃく/天の岩戸も/おどりで夜が明けた」

 この一節が掲載された『西馬音内盆踊り 地口とがんけ集』によると、「地口の内容は口から出放題的な即興のものや、ユーモアに満ちたもの、世間世事を風刺したもの、野趣情緒あふれるもの、素朴でエロティックなものなど多彩」とのことで、確かに同書に掲載された地口の中には、村落生活ならではのおおらかなセックス観が偲ばれる卑猥なものや、村の誰かの性交渉失敗談を盛り込んだであろう生々しいものも含まれている。こうした文句からして、すでにMCバトルに似たものを感じさせるが、興味深いのは、次の句のように意味不明なものも多数残されていることだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』