>   >   >  高須基仁の「全摘」/ジジイばかり盛り上がる姿にサブカルチャーの終焉を見た
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.64

ロフトプラスワンで21年、ジジイばかり盛り上がる姿にサブカルチャーの終焉を見た

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

ロフトプラスワンで21年、ジジイばかり盛り上がる姿にサブカルチャーの終焉を見たの画像1
書籍『TALK is LOFT』は90年代以降のサブカル史を知る上での資料的価値も高い。第六章には、私にまつわる事件、特にサッチー騒動時のフジテレビと小倉智昭との戦いが収められている。

 ライブハウス「ロフト」やトークライブハウス「ロフトプラスワン」などを運営するロフトプロジェクト代表・平野悠がロフトの舞台ウラを綴った『TALK is LOFT 新宿ロフトプラスワン事件簿』(ロフトブックス)を7月に出版。その刊行記念パーティが7月18日に開かれ、特別ゲストとして参加した。私のほかに集まった面々は鈴木邦男、森達也、本橋信宏……あとはわけがわからない有象無象ばかり。約100人しか入らないロフトプラスワンが半分ほどしか埋まっていなかった。その瞬間、サブカルチャーの時代は終わったと思った。

 ロフトプラスワンは1995年7月にオープン。ライターズ・デンの中森明夫が火を着け、私が96年3月からイベントを主催するようになりエロにも手を広げ、宮台真司がアカデミズムを持ちこんだ。

 私が初主催したのは藤田朋子騒動のさなか。テレビの取材陣を多数連れてきたのは私が最初だ。エロス、スキャンダル、とにかくいろいろやった。喧嘩上等、舞台での乱闘も覚悟の上。観客相手に暴力事件を起こしたときは、平野と一度決別し、三浦和義に「高須さん、暴力はだめです」とたしなめられた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』