>   > 精神異学~忘れられた治療法~【2】/精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
連載
精神異学~忘れられた治療法~【2】

梅毒末期の精神錯乱をマラリヤ感染で治療せよ!

+お気に入りに追加

[語句解説]マラリヤ療法

1708_ookawa_230s.jpg

20世紀初頭に行われた、精神疾患に対する発熱療法の一種で、患者を意図的にマラリヤに感染させるもの。感染方法としては、マラリヤ患者の血液を静脈注射して行なう。その結、果患者はマラリヤに感染、その40度あまりの発熱によって、梅毒の末期症状である進行麻痺が改善することもあった。この治療法は日本でも行われ、戦前右翼であり思想家の大物、大川周明が受けたことでも知られている。


 かつて精神疾患、特に統合失調症は不治の病と見なされ、有効な治療法が存在しませんでした。そのため今日の視点からすると、多くの奇妙な「治療法」が考案されては姿を消していきました。そうした中で、さまざまな方法で施行されたのが、いわゆる「ショック療法」です。この治療法は、精神疾患の混乱した「脳」に強い衝撃を与えれば回復するかもしれないという、根拠のない仮説から生まれたものでした。

 ショック療法の中で、現在まで形を変えて生き残っているものに電気ショック療法が挙げられますが、今回のテーマとしては、発熱療法の一種である「マラリヤ療法」を取り上げましょう。マラリヤはマラリヤ原虫によって発症する感染症で、熱帯から亜熱帯に広く分布しているもの。マラリヤは断続的に出現する高熱を特徴とし、適切な治療を行わないと死に至ることもある重大な疾患です。

 高熱が精神疾患を改善させるケースのあることは、ギリシア・ローマ時代から知られていました。19世紀の中盤には、腸チフスやコレラ、ジフテリアなどの感染症によって精神症状が改善したことが報告されています。マラリヤ療法は、マラリヤに人為的に感染させ、その時に生じる高熱によって精神疾患の症状を改善させようというものでした。この治療法は、オーストリアの医師ヤウレックによって研究が進められ、彼はマラリヤ療法が「進行麻痺」という精神疾患に有効であることを発見しました。この治療法が考案された当時、進行麻痺は精神科の扱う重要な疾患でした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』