>   >   > 文化人類学者が注目する禁断のAVシリーズ/先住民と絡む【裸の大陸】の人類学

――『裸の大陸』なるAVシリーズをご存知だろうか? 本誌にも度々ご登場いただいたAV監督・長瀬ハワイ氏らが手がける名物AV企画である。ここでは、かねてからこのシリーズを興味深く観続けてきたという人類学者と長瀬監督の対談を敢行。そこで明かされたシリーズの真実とは?

【特別対談文化人類学者×AV監督】AV史に残るドキュメンタリーの正しいミカタ 民族の最大タブーに挑む問題作?先住民と絡む『裸の大陸』の人類学の画像1
企画の経緯から過酷なロケ、さらには近親相姦のタブー、グローバル化やスマホがもたらす性の開放など、話は多岐に渡る。(撮影/吉岡教雄)

 アフリカの奥地やアマゾン流域などの過酷な地域にAV女優が赴き、現地で原始的な生活をしている部族の男性とセックスをするという、ナチュラルハイが生み出した『裸の大陸』シリーズとDANDYからリリースされる『野性の王国』シリーズ。マイナス40度の極寒地域で絡んだり、アマゾンで世界最強といわれる媚薬を試したりする“命知らずのAVシリーズ”とされているが、実はこの作品、世界のさまざまな民族風習について調べる人類学者からも、驚きをもって注目されているという。同シリーズを手がける、ナチュラルハイ、DANDY両メーカーで監督を務めた長瀬ハワイ氏と、AVにも造詣が深く、ぶっかけAVに関する論文も書く異色の人類学者、馬場淳・和光大准教授が、人類の性行動から、グローバル化が進む現代におけるAVの存在意義にまで縦横無尽に語り合った──。

馬場 今回はいろいろ聞きたいことがあるのですが、まず『裸の大陸』『野性の王国』などのシリーズの着想は、どこから生まれてきたのでしょうか?

長瀬 一番シンプルに答えれば、自分がそういう世界中の秘境や辺境に行ってみたかったということですね。純粋に興味があったのに加え、AVではまだそういったところに行って撮るという作品がなかったので、やってみようと。

馬場 藤木TDC氏の著作『ニッポンAV最尖端』(文春文庫)には『裸の大陸』第1作目の経緯のほか「AVというジャンルは結構昔から海外を目指していた」という指摘があります。それはヨーロッパなどでブロンドのきれいな女性をスカウトするだとか、あるいは日本のAV女優に贅沢な海外旅行をさせてあげながらの高級ムードに溢れたAVだったようです。1980年代のことでしたが、90年代には通常は入国しないような国々にも行き始めた。ただ2000年代の『裸の大陸』や『野性の王国』は、AV女優が辺境の伝統的な社会に行って、現地の男性とセックスをする内容で、二重の意味で斬新でした。個人的には、そのようなAVに、アフリカなど独特の感性を持った現地人の性行動を記録する可能性や期待を抱いてしまいますが、どうでしょうか?

長瀬 そうですね。あとはセックスの場面だけではなくて、その場所にたどり着くまでの道中を、知見を深めながら仕込みなしで目的地へ向かうというスタイルなので、日常では考えられないようなことが起こる。実際、自分がAVの撮影に来ていることを、途中まで忘れてしまうくらいなんです。

馬場 長いものだと220分もあるうちの前半はロードムービー調で、「AV撮るの忘れてた」ってつぶやきまで収録されたりしてますよね。

長瀬 毎回、こんな命の危険を感じてまでなぜAVを撮らなければいけないのか、という自問自答から始まるんですよ。一種の開き直りというか、気持ちの切り替えがないと、なかなかその状況でセックスは撮れないですね。

 とはいえ、撮影はいつも過酷な環境の場所に行っているので、順応するまでには毎回時間がかかります。『世界のメガチ○ポSPECIAL アマゾンの奥地に存在する世界最強の媚薬を探し原住民と最高の生中出しセックスをヤる』で行ったアマゾンのとある国では、最後まで順応できてなかったと思います。

馬場 僕も人類学者として、パプアニューギニアで長くフィールドワークをしてきました。まさに『裸の大陸』と同じように、村の家にホームステイをするんですが、彼らの独特の感性とか、行動を支配する倫理観は、かなり長い時間を一緒に過ごさないと理解するのが難しい。長瀬監督は彼らの家に住み込んだりしたわけですが、一緒に暮らして、その感性や倫理に触れたという感触はありましたか?

長瀬 一番感じるのは、彼らは何千年も前から同じ生活をしてきたということ。僕らが村での生活になじめずへろへろになっているときでも、彼らは普通に生活し、根本的な強さがある。昔からの生活を続けているところに、カメラで切り込んでいかないとな、というのはいつも思っています。

馬場 「昔から変わらない生活」という点はあとで考えてみるとして、月並みですが、そういう過酷な環境でAVを撮影する苦労はなんでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』