>   >   > 究極のグラビア?着エロの世界/【着エロ】アイドルの考現学
第1特集
究極のグラビア?着エロの世界

限界露出はどこから生まれた?エロスの追求、誕生の経緯――「着エロ」アイドルの考現学 

+お気に入りに追加

――2000年代前半、「着メロ」にひっかけた造語として登場した「着エロ」。文字通り「着衣のエロス」を追求したイメージDVDやグラビア写真の表現手法・ジャンルのことだ。だが明確な定義があるわけではないこのジャンルの歴史と現状を見ていこう。

1708_chakuero01.jpg
「Club  Teen’s」イチオシ!如月有紀
1998年生まれ。T164、B87、W59、H86 イメージDVD『全力黒髪ショートカット』 (3800円+税)は好評発売中。

「着エロ」という言葉がいつ、どこで生まれたのかは諸説がある。今回は各メーカー一押しの着エロアイドルのグラビアを愛でながら、その歴史を振り返ってみたい。まず、最初にその言葉を大々的に使用したメディアは、「FLASH」(光文社)の2002年9月17日号というのが通説だ。記事のタイトルは、「業界の革命児『GPミュージアム』傑作選 [着エロ]の世界へようこそ!」。ビデオ&DVDメーカーのGPミュージアムの過激なセクシー路線の作品を「着エロ」と称し、インリン・オブ・ジョイトイ、牛川とこ、堀口としみ、KAORIらの作品を紹介した記事だ。当時から業界に関わるDVDメーカー社員は「着エロという言葉はインリンから始まった印象がある」と語る。

「当時のグラビアアイドルは童顔巨乳が主流でしたが、M字開脚や過激な衣装で有名になったインリンには、まったく新しいエロさがありました。インリンはじめ、堀口としみ、岡元あつこなどが、当時の代表的な着エロアイドルですね。また、その頃はレースクイーン出身者が多かった。Tバックを穿き、腰を使ったエロティックな動きをするのが着エロ、というイメージも当初はありましたね」

 つまり、グラドルの主流ではない女性たちが、衣装や動きの工夫でスターダムにのし上がる場となったのが、着エロだったというわけだ。では、どのような衣装を着ていれば、着エロといえるのか?着エロ作品を手がけたことのあるイメージDVD監督は次のように語る。

「明確な定義はないですが、Tバックを穿いていたり、極端に面積の小さい水着を着ていると、着エロのイメージは強くなりますね。撮り方では『股間をずっと追い、極端にズームする』、動きの場合は『腰やお尻で性行為を連想させる動きをする』などでしょうか」

1708_chakuero02.jpg
「M・B・Dメディアブランド」イチオシ!天草七美
1993年生まれ。T155、B96、W66、H98 イメージDVD『絶大強烈BODY』 (3800円+税)は好評発売中。

 やがて、着エロと呼ばれる作品群は、2つの方向に先鋭化していく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』