>   >   > 「小田嶋隆の東京23話」/葛飾区
連載
小田嶋隆の「東京23話」【13】

【小田嶋隆】葛飾区――七子、そして八百屋お七の恋物語の続き

+お気に入りに追加

東京都23区――。この言葉を聞いた時、ある人はただの日常を、またある人は一種の羨望を感じるかもしれない。北区赤羽出身者はどうだろう? 稀代のコラムニストが送る、お後がよろしくない(かもしれない)、23区の小噺。

1707_katsusika_color.jpg
(絵/ジダオ)

 本駒込にある七子の母親の実家に関して、弁護士から相続の手続きを求める連絡を受けたのは、1998年の7月のことだった。当時、七子は夫の篠田に対して離婚の申し立てをしていた時期で、夫婦関係の決裂を予期していたかのようなタイミングで降って湧いたこの相続の話に、七子は、亡くなった母親の揺るぎない意思のようなものを感じた。

 母親は、生前、

「本駒込の実家の土地には、できればナナちゃんが住んでくれると良いんだけど」

 と、何度か言っていたことがある。

 というのも、石川県にある七子の実家は、七子の弟が相続するはずになっていて、彼女の母親は、もっぱら長女である七子の将来について、あれこれと思いをめぐらせていたからだ。そして、母親は、どういう理由からなのか、七子が、将来、独身者として生きていく未来を想定していた。

「冗談いわないでよ。そんな見たこともない家で暮らすなんて、あたしはごめんだからね」

 と、七子は、長ずるにつれて、母親の思い描く身勝手な未来像に忌避感を抱くようになっていた。ママは、出奔した生家と、そこで暮らす両親について、過剰に感傷的な思い込みと自責の念を抱いている。七子は、その、母親の語る本駒込の実家にまつわる湿っぽい物語が苦手だった。

「なによその失敗したシンデレラみたいな話」

 と、高校生の頃、彼女は、母親にはっきりとそう言ったことがある。

「まるで、ガラスの靴がニセモノだったっていう後日談じゃない」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ