>   >   > 世界を騒がせるあの集団の思想を読み解く【1】/過激派集団の思想【元ネタ本】

――日本では右派、左派ともに過激な思想・行動を特徴とする集団が増加し、アメリカにおけるトランプ政権の誕生は、イスラム原理主義へのカウンターとも見られている。敵味方をハッキリと選り分け、敵対勢力の殲滅をもくろむこれらの過激な組織は、一体どこに思想のルーツを持っているのか?

1707_kikens.jpg
『世界の「テロ組織」と「過激派」がよくわかる本』(PHP研究所)

 テロや戦争などの過激な行動を起こす集団や国家は、どのような思想的ルーツを持っているのか? 著書『現代オカルトの根源:霊性進化論の光と闇』【1】で、オウム真理教、幸福の科学、さらにはナチスの思想のルーツについて論じた宗教学者の大田俊寛氏に話を聞き、その思想の根源にある書籍を挙げてもらった。

 まず大田氏は「ニーチェやマルクスなどの思想が典型例ですが、危険な思想というのは、概して攻撃的な二元論の性質を帯びています」と語る。

「『自分たちの味方はこういう集団』『敵はこんな集団』と、世界を敵味方に二分し、敵を殲滅すれば理想的な社会が訪れる……という考え方ですね。当然、敵と見なした相手への行動は攻撃的になりますし、自分たちの見えないところで敵側が勢力を伸ばしているという陰謀論にもつながりやすいのが特徴です」

 そして大田氏がさまざまな新興宗教の思想の源流として挙げているのが、ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキーの『シークレット・ドクトリン』【2】だ。ブラヴァツキーは、近代神智学の祖と言われる人物。神智学とは、神秘的直観や思弁、幻視、瞑想、啓示などを通じて、隠された神秘的知識の獲得、高度な認識を目指す、哲学的・宗教的思想のことだ。

 大田氏は神智学の思想を、「霊性進化論」と名付けている。その思想は、生物学的進化論とスピリチュアリズムを融合させることによって成立したものだという。

「霊性進化論は、人間を『霊的な人間』と『物質的な人間』の2種類に分け、霊的な人間が神に向けて進化する一方、物欲にとらわれた物質的な人間は動物に堕落していく、という考え方です。オウム真理教も、『世界を支配する主流派を、動物的種族から神的種族へと入れ替えなければならない』という思想を持っていました」

 その世界観が、地下鉄サリン事件にもつながっていったのだ。また教祖の麻原彰晃は、多くの人が「動物化」する背景に“邪悪な組織”が暗躍しているとし、その存在を『ユダヤ=フリーメイソン』と名指した。

「最近では、“パヨク”(左翼的な思想を持つ人の中でも、悪辣な発言をする人を指すネットスラング)と揶揄されるような幻想的な反体制派も、同じような陰謀論を信じ込む傾向にあります。政権中枢が日本会議と結託し、密かに戦前回帰を目論んでいるといったような考え方が、その一例です。こうした考え方の源流として挙げられるのは、ブルジョワジーの支配の打破、プロレタリアートの団結と暴力革命を提唱した、『共産党宣言』を始めとするマルクス主義の思想でしょう」

 日本教職員組合(通称、日教組)もまた、マルクス主義の影響が色濃い団体とされ、1952年に作られた「教師の倫理綱領」という教師の指針の10箇条には、

「五 教師は教育の自由の侵害を許さない」

「七 教師は親たちとともに社会の頽廃とたたかい、新しい文化をつくる」

「八 教師は労働者である」

「十 教師は団結する」

などの文言が見て取れる。なお、日教組と共産主義の関係については『日教組』【3】が詳しく分析している。

 このような二元論は「本来的自己」を目指す哲学・心理学の中にもあり、現代社会にも脈々と受け継がれている。

「本来的自己を目指す哲学・心理学とは、世の中には『本来的自己に到達した人間』と、『偽りの自己に埋没している人間』がおり、後者は、哲学的・心理学的なトレーニングによって本来的自己に近づかねばならない、とするものです。ユングの初期の代表作である『自我と無意識の関係』や、ハイデガーの『存在と時間』は、その流れに属するものといえます。批判を受けながら脈々と続く『自己啓発』もその延長にあり、過激な自己啓発セミナーでは、暴力によって自己の変革を迫るものもあります。オウム真理教もまた、そのような思想の影響を強く受けていたのです」

 そして、このような二元論が国家体制の根幹にまで及んでしまったのが、ナチス・ドイツの例だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』