>   >   > 命がけで書かれた小説が映す北朝鮮の実態【2】/【脱北ラッパー】が読む北朝鮮本
第1特集
命がけで書かれた小説が映す北朝鮮の実態【2】

金日成が日本軍をやっつけた話にスッキリ!北朝鮮の体制を批判する脱北ラッパーが読んだ物語

+お気に入りに追加

――2016年、「金正恩は豚野郎」と批判し、注目を集めた脱北ラッパー・姜春革。12歳まで過ごした北朝鮮で読んだ、“強烈な”物語とは?

金日成が日本軍をやっつけた話にスッキリ!北朝鮮の体制を批判する脱北ラッパーが読んだ物語の画像1

 私が生まれ育った北朝鮮では、学校や地域に図書館もなかったし、街に本屋もありませんでした。

 平壌や都市部は別でしょうが、私が育った地域では子どもが普段手に取れる本といえば、学校で与えられた教科書のみ。もし教科書以外の本に触れるとしても、その内容はほぼ100%、金日成と金正日を賞賛するストーリーか米国や資本主義を批判するものでした。なかでも印象に残っているのは『金日成と金正日の幼い頃』という科目で学んだ、金日成が白頭山の霊気を受けて戦ったという話。当時は純粋に感動して、信じていました。

 それから、『りんご』という物語も、強烈に印象に残っています。韓国にやって来たアメリカ人宣教師が自分の家の庭にりんごの木を植えた。やがてりんごの実がなり、塀の外にひとつ落ちた。通りかかった韓国の子どもが落ちたりんごを拾って食べていると、それを見て怒り狂ったアメリカ人宣教師がその子を捕まえて、額に「泥棒」という文字を焼きごてで刻み付けた……。幼心に怒りが湧き起こり、韓国の子どもが可哀想で仕方ありませんでした。当然、アメリカ人に対しては激しい増悪を感じましたよ。

 ほかにも、普天堡戦闘など抗日パルチザンの戦いで金日成が日本軍を何人やっつけた、朝鮮戦争で米軍を全滅させた、なんて話は数え切れないくらいある。当時はそれらを読むたびに朝鮮人として誇らしく、スッキリした気持ちになっていたものです。

 同時に、北朝鮮のこうした姿勢は、韓国に対しても向けられていました。子ども向けの『腐って病んでいる世界』というマンガには、韓国では子どもが飢えていても金持ちは知らんぷりだけど、自分の愛犬は溺愛し、犬に高価な指輪をつけるような贅沢をしているといった内容が描かれていました。資本主義を非難して、アメリカに支配されている韓国の“悲惨”な現状を描いた作品を読んで、韓国の子どもたちに心から同情しました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』