>   >   > 命がけで書かれた小説が映す北朝鮮の実態【2】/【脱北ラッパー】が読む北朝鮮本
第1特集
命がけで書かれた小説が映す北朝鮮の実態【2】

金日成が日本軍をやっつけた話にスッキリ!北朝鮮の体制を批判する脱北ラッパーが読んだ物語

+お気に入りに追加

――2016年、「金正恩は豚野郎」と批判し、注目を集めた脱北ラッパー・姜春革。12歳まで過ごした北朝鮮で読んだ、“強烈な”物語とは?

金日成が日本軍をやっつけた話にスッキリ!北朝鮮の体制を批判する脱北ラッパーが読んだ物語の画像1

 私が生まれ育った北朝鮮では、学校や地域に図書館もなかったし、街に本屋もありませんでした。

 平壌や都市部は別でしょうが、私が育った地域では子どもが普段手に取れる本といえば、学校で与えられた教科書のみ。もし教科書以外の本に触れるとしても、その内容はほぼ100%、金日成と金正日を賞賛するストーリーか米国や資本主義を批判するものでした。なかでも印象に残っているのは『金日成と金正日の幼い頃』という科目で学んだ、金日成が白頭山の霊気を受けて戦ったという話。当時は純粋に感動して、信じていました。

 それから、『りんご』という物語も、強烈に印象に残っています。韓国にやって来たアメリカ人宣教師が自分の家の庭にりんごの木を植えた。やがてりんごの実がなり、塀の外にひとつ落ちた。通りかかった韓国の子どもが落ちたりんごを拾って食べていると、それを見て怒り狂ったアメリカ人宣教師がその子を捕まえて、額に「泥棒」という文字を焼きごてで刻み付けた……。幼心に怒りが湧き起こり、韓国の子どもが可哀想で仕方ありませんでした。当然、アメリカ人に対しては激しい増悪を感じましたよ。

 ほかにも、普天堡戦闘など抗日パルチザンの戦いで金日成が日本軍を何人やっつけた、朝鮮戦争で米軍を全滅させた、なんて話は数え切れないくらいある。当時はそれらを読むたびに朝鮮人として誇らしく、スッキリした気持ちになっていたものです。

 同時に、北朝鮮のこうした姿勢は、韓国に対しても向けられていました。子ども向けの『腐って病んでいる世界』というマンガには、韓国では子どもが飢えていても金持ちは知らんぷりだけど、自分の愛犬は溺愛し、犬に高価な指輪をつけるような贅沢をしているといった内容が描かれていました。資本主義を非難して、アメリカに支配されている韓国の“悲惨”な現状を描いた作品を読んで、韓国の子どもたちに心から同情しました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』