>   >   > 命がけで書かれた小説が映す北朝鮮の実態【1】/人民を扇動する【北朝鮮文学】
第1特集
命がけで書かれた小説が映す北朝鮮の実態【1】

元北朝鮮「作家同盟」作家が初告白!金一族が主人公でなければ発禁!?人民を扇動する北朝鮮文学

+お気に入りに追加

――連続する弾道ミサイルの発射や金正恩氏の過激な発言など、今、北朝鮮関連の話題がメディアに登場しない日はない。しかし、彼らの文化について報じられることはほとんどないだろう。そこで本稿では、北朝鮮文学、そして北朝鮮の作家たちの動向を見つめ、同国民にとって文学がどんな役割を果たしてきたのか迫ってみたい。

元北朝鮮「作家同盟」作家が初告白!金一族が主人公でなければ発禁!?人民を扇動する北朝鮮文学の画像1
金日成が主人公! 金日成万歳! 
『不滅の歴史』シリーズに代表される、金日成が“ヒーロー”となる小説は、書ける作家も限られている。

「北朝鮮の小説は、政治宣伝の道具なんです」

『北朝鮮宣伝画の世界』【1】
などの著書を持つ、朝鮮文化評論家の大場和幸氏は、開口一番そう指摘する。

「北朝鮮の小説が政治宣伝の道具であることを理解するためには、北朝鮮の歴史を知る必要があります。1945年のソ連赤軍の侵攻、日本の敗戦によって、今の北朝鮮地域はソ連に占領され、ソ連軍の将校であった金日成が送り込まれました。以降ソ連の占領下で、文学や映画なども、スターリン主義の影響を強く受けることになります。

 例えば、翌46年には北朝鮮・元山市の詩人たちによる詩集『凝香』が、朝鮮労働党の機関紙『労働新聞』紙上で“思想性がない”と批判され、詩集は回収、発禁にされる騒動に発展しました。参加していた詩人たちは身の危険を感じ、南朝鮮地域に逃亡した人もいたほどです。このような経緯を経て、北朝鮮の文学は人々の手を離れ、党のための文学、政治宣伝のための文学としてスタートしたのです」(同)

 北朝鮮の建国は48年。言い換えれば、同国独自の文学は、朝鮮労働党が国家を建設するために国民を鼓舞扇動する“宣伝媒体”としてスタートしたともいえるだろう。北朝鮮文学のこうした特徴は、当時から現在まで一貫しているのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』