サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 相葉ちゃんが悪いわけじゃない!/【貴族探偵】爆死の理由は本にアリ?

――フジテレビ肝煎りの月9ドラマ『貴族探偵』が不調で、社長の更迭や月9枠廃止まで取り沙汰されているが、その失敗の要因はもう少し冷静に分析する必要がある。そもそも原作に据えた「ジャンル小説」が実写化に不向きな構造だとしたら……。気鋭の〈元〉批評家・更科修一郎が過去の実写化作品を振り返りながら、ジャンル小説とテレビドラマの相性を鋭く分析する。

相葉ちゃんが悪いわけじゃない!気鋭の〈元〉批評家・更科修一郎が一刀両断『貴族探偵』爆死で見えたジャンル小説ドラマ化の限界の画像1
相葉雅紀、武井咲のほかにも、中山美穂や仲間由紀恵など、これでもかというほど豪華なキャストで挑んだ『貴族探偵』だが、視聴率10%を切る残念な結果に。

 倉本聰から持ち込まれた『やすらぎの郷』(テレビ朝日)の企画を門前払いし、『貴族探偵』(麻耶雄嵩)に賭けたフジテレビの亀山社長は更迭されてしまったが、原作読者の目から見れば再現度は高く、相葉雅紀を主役に据えた意図もわかる。武井咲の女探偵と貴族探偵がひとつの事件に対し異なる解決を提示する二重構造の上で、貴族(かどうかも怪しく胡散臭い)探偵が最初からすべて知っていたと匂わせる伏線の巧緻がこの作品の肝で、成功している回は面白いのだが、はて、それを面白いと思う視聴者はどれだけいるのだろうか?

『貴族探偵』の原作はジャンル小説のヒット作だが、ジャンル小説の中でも「新本格ミステリ」や「ライトミステリ」は、テレビ局と大手芸能事務所のキャスティング先行が多い若者向けテレビドラマの原作として安易にセレクトされ、失敗案件が目立っている。

 ジャンルの定義はマニアが終わらない論争を繰り返しているので、適当にまとめると、社会派要素より謎解きを重視する江戸川乱歩や横溝正史などの古典的推理小説が「本格」で、『十角館の殺人』(綾辻行人)以降の同時代的な推理小説が新世代の本格=「新本格」と呼ばれている。一方のライトミステリは、往年の赤川次郎や辻真先などの流れを汲む「ゆるい」娯楽ミステリで職業ものが多く、海外では「コージーミステリ」と呼ばれている。この2つに適当な社会派要素を加えれば、テレ朝の十八番である『相棒』『科捜研の女』といった日本の平均的なミステリドラマになるが、そっちは別に失敗していない。作家で言えば、東野圭吾、横山秀夫、池井戸潤、奥田英朗などのドラマ化案件だ。

 社会派要素が乏しく、謎解きの複雑怪奇さを競う新本格は間口が狭いので、マンガ風のイラストで荒唐無稽なキャラクター性を強調し、求心力とする傾向があり、近年はライトミステリへ接近/融合しつつある。その典型例だった『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉)が櫻井翔主演で大当たりして調子に乗ったフジは、新本格の大ヒット作『すべてがFになる』(森博嗣)まで『ノイタミナ』枠のアニメ版と同時展開という三顧の礼でドラマ化し、微妙な結果に終わったが、今クールもフジだけが『貴族探偵』『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(太田紫織)の2作を放送している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』