>   >   > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【48】/【防弾少年団】の受賞と受難
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【48】

【防弾少年団】防弾少年団の受賞と受難――あなたの知らない偉業

+お気に入りに追加

『You Never Walk Alone』

【防弾少年団】防弾少年団の受賞と受難――あなたの知らない偉業の画像1

防弾少年団(販売元:BigHit Entertainment)
リパッケージ商売が常識のK-POP界。本文中の『WINGS』は韓国2ndアルバムで、そのリパッケージ盤が本作。これまた「ビルボード」誌アルバムチャートで61位まで上昇した。メンバーが必ず曲作りに関与した本作は、米ヒップホップ/R&Bの最新モードを色濃く反映したアルバムに仕上がっている。


韓国に帰れ!

 先日、防弾少年団(バン・タン・ソニョンダン、略してBTS)は、米ビルボード・ミュージック・アワードで賞を獲得した初めてのK-POPアクトとなった。そんな彼らに対してインターネット上で寄せられたのが、冒頭に挙げた反応である。ほかにも……

「なに、このアジア野郎は? え、BTS? はぁ?」「本物の有名人じゃなく、厚化粧したアジア人たちが受賞ってどういうこと?」「誰だか知らないし、知りたくもない。何を言ってるかもわからない。最近はアワードも落ちたものね」などなど。さすがアメリカ。さすがトランプ時代。だが、変化への希望を胸に、この原稿を書く。

 先に挙げたレイシストな意見とは逆に、快哉を叫ぶ人たちもいる。中心となっているのは、やはりアジア系アメリカ人。その背景には、彼らが耐えている苦境があるのだ。アジア系アメリカ人は2000万人弱。米総人口の6%ほどにのぼる。ユダヤ系アメリカ人の2倍以上いるのに、米メディアでの軽んじられようは酷い。

 例えば、昨今のハリウッドで猛威を振るう「ホワイトウォッシュ」。アジア系のはずのキャラクターを、なぜか白人俳優が演じるという現象だ。特に映画『ドクター・ストレンジ』では、主人公の師であるエンシェント・ワン──本来はチベットのおじいさん──をスコットランドの女優ティルダ・スウィントンが演じて、アジア系コミュニティが絶望に沈んだ。

 このホワイトウォッシュは、アジア系俳優から活躍の機会を奪うだけでなく、民族の自尊心を著しく損なっている。かねてからアメリカ黒人が「白人の偉業ばかりを教える学校教育に異議あり」と訴えてきたのと同じだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』