>   >   >  林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/【米村でんじろう】はトークでも魅せる
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【26】

家に帰って実験しよう、そんな気分にさせてくれる【米村でんじろう】はトークでも魅せる!

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『米村でんじろう おもしろサイエンスショー』

家に帰って実験しよう、そんな気分にさせてくれる【米村でんじろう】トークでも魅せる!科学実験ショーの画像1

人物:米村でんじろう 日時場所:2017年5月21日 @ハーモニーホール座間・大ホール

日本初のサイエンスプロデューサー、米村でんじろう先生が科学実験ショーで繰り出すトークとは!? 親と子、どちらからも愛されるでんじろう先生の秘密を探ってみた。


 かつて、ある都立高校に米村傳治郎という理科教師がいた。彼は、生徒たちに科学の楽しさを伝えるため、実験をメインにした授業を行っていたが、「くだらない実験よりも成績を上げろ」と保護者からクレームを受け、憤慨して退職した。後の米村でんじろうである。彼は「学べるだけでなく楽しい、楽しいだけでなく学べる」という理念を実行すべく、サイエンスプロデューサーという日本初の仕事を発明し、今やメディアに引っ張りだこの存在となった。

 そんなでんじろう先生のおもしろ実験。ただド派手なだけで、子どもたちが熱狂するとは思えない。本連載的に深掘りしたいのは彼のトークスキルである。何かカラクリがあるに違いない。トークの化学反応を起こしているはずだ。というわけで『米村でんじろう おもしろサイエンスショー』に行ってきた。

 会場は1300席ほどがほぼ満席で、家族連れや、中にはおじいちゃんが孫を連れているといった光景もあり、幸せに包まれた祝祭的空間であった。でんじろう先生が登場すると、一斉に歓声が上がり、サポート役である実験のお姉さんと一緒にショーがはじまった。でんじろう先生の語りは、とても簡潔だ。

「今日は家でも楽しめる実験を紹介します。1時間20分、よろしくお願いします」

 オープニングで放った言葉はコレだけだった。ミニマムで、まったく無駄がない。サイエンスショーなので、派手な演出はあるものの、ベースは「家でもできる実験」だと強調。加えて、その尺が1時間20分であると宣言したことに驚いた。キッチリしている。お姉さんが「最初の実験はコチラ! 飛行の実験で~す」とすぐさま実験に突入する。前置きは一切ナシのショーなのだ。

 最初の実験として、長細い風船を客席に向かって投げるでんじろう先生。だが、風船はまっすぐに飛ばない。「実はあることをすると、この風船飛行機がまっすぐ飛ぶんです」とでんじろう先生が言うと、お姉さんは驚きながら、「そんなことできるんですか!? ではココでクイズです!」とクイズが始まった。正解すると、でんじろう先生の直筆色紙と実験グッズ(会場で買うこともできるので、うまいショー構成であり、宣伝だ)がもらえるようだ。

「風船に羽をつけるとまっすぐ飛ぶ。○か×か。会場で一番元気な子に答えてもらいま~す!」と出題があった直後、会場の子ども全員が「はい!はい! はい! あ~い!!」と絶叫しながら手を挙げる。会場は揺れ、筆者は耳を押さえるほど。まぁ、それは構わないのだが、次の瞬間、驚いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』