>   >   > 「小田嶋隆の東京23話」/墨田区

東京都23区――。この言葉を聞いた時、ある人はただの日常を、またある人は一種の羨望を感じるかもしれない。北区赤羽出身者はどうだろう? 稀代のコラムニストが送る、お後がよろしくない(かもしれない)、23区の小噺。

【小田嶋隆】墨田区――舎弟のアパートから追い立てられ、ホームレスになったある男の話の画像1
(絵/ジダオ)

 しばらくぶりに隅田公園に来ている。20年ぶりになる。以前ここに来たのは、西新宿の共同アパートから夜逃げをした時だったろうか。以来、健二にとって、この公園は再出発の場所になっている。今度はどの程度の期間になるのだろう。簡単には済まないかもしれない。なにしろ年齢が年齢だ。前にここへ来た時とは違う。

 カネはあるといえばある。

 ただ、その絶対に手をつけないために厳重にラップしてリュックサックの底面にガムテープで貼り付けてある10枚の1万円札を別にすると、手持ちの現金は3万円に満たない。とにかく、カネをなんとかしないといけない。最低でも30万円の現金を作ろう。先のことを考えるのはそれからだ。そう考えながら、健二は公園の横の遊歩道に入っていく。

 3日前、弟分のアパートから追い立てを食らった。追い立て、という言い方は少し違うかもしれない。話を切り出す時、禎三は泣いていた。

「すみません。こんなこと言いたくないんですが」

「なあに、気にすんな」

 禎三が涙ながらに語ったところによれば、自分はいつまでいてもらっても構わないのだが、田舎から妹が出て来ることになったというのだ。池袋にある専門学校に通うつもりらしい。なんでも禎三の身内では唯一カタギの暮らしをしている大切な妹なのだそうだ。だから、なんとしても面倒を見なければならない。オレのイノチに変えても、とか、そんな調子の話だ。どこまで本当なのかはわからない。というか、ウソに決っている。どうせ新しい女ができたとかそんなところだろう。禎三は、妹の面倒を見るようなタマではない。そんな男なら、そもそもこの世界でシノギなんかしていない。やくざものに身を落とす人間は、そうなる以前に、身内を一通り裏切ってきている。妹であれ母親であれ、むしり取れる相手からは、ありったけむしり取っている。で、ムシるものが何も無くなったタイミングでこの世界の門を叩くのだ。逆の場合もある。身内の人でなしに容赦なくむしり取られて逃げ出してくるケースだ。いずれにせよ、オレたちは身内とは縁の切れた人間だ。面倒を見る理由なんかあるはずがないのだ。なにしろ、自分自身の面倒が見られないのだから。

 でもまあ、禎三のところに住んで3カ月になる。そうそう二回りも年下のチンピラのアパートに居候を決め込んでいるわけにもいかない。こんなウソのヘタな、上がり目のないチンピラにやっかいをかけているようでは、オレのほうが立ち行かなくなる。良い機会だ。出ていくことにしよう。

「ただな」

 と、健二は最後にこう付け加えた。

「こっちにも条件がある」

 家賃も入れずに勝手に転がり込んでいる身の上で、条件もへったくれもないものだが、この世界の上下関係では当たり前のことだ。オレはこいつが高校中退でこの世界に入ってきた時から知っている。なんだかんだで、金額に直せば30万や50万ぐらいの面倒は見ている。恩だの義理だの言ってるが、要するにギブ・アンド・テイクってことだ。

「一週間時間をくれ。その間に次の落ち着き先を見つける。それからカネだ。当座の引っ越し費用に5万都合してくれ。いずれ返す」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ