サイゾーpremium  > 特集2  > オンナの年齢学/【都丸紗也華】Fカップの威風堂々
第2特集
オンナの年齢学~はっちゃけロリからむっちり熟女まで~

【都丸紗也華スペシャルグラビア】Fカップの威風堂々――いつも「眠そう」って言われちゃうんです。

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

【都丸紗也華スペシャルグラビア】Fカップの威風堂々――いつも「眠そう」って言われちゃうんです。の画像1
【10 YEARS OLD】誕生日は家族でレストラン たまの外食がうれしかった。

 お嬢様から淑女へ。6つの年齢を演じきった都丸紗也華は、「私はこんな上品ではなかったですよ」と笑う。現在20歳の彼女はこれまで、常に「大人っぽい」と言われ続けてきた。

「年上に見られるのがイヤでした。早く大人になりたいとはまったく思わなくて、いつまでもピチピチでいたくて。20歳になって変わったのって年金を払うようになったことくらいですし(笑)」

 そんな彼女の目下の悩みは、いつも「眠そう」だと言われること。

「しょっちゅう『眠いの?』って聞かれるんです。確かに、実際に眠いときもあるんですけど(笑)」

 なんともおっとりとした雰囲気で語る都丸。過去を振り返っても、「あまり覚えていない」のだとか。

「たぶん普通の毎日だったと思うんですけど……。あ、でもずっとピアノを習ってました! 将来はピアノの先生か幼稚園の先生になると思ってましたね。あと、あまり外食しない家だったんですけど、誕生日のときだけはレストランに行けるのがうれしかった記憶があります」

【都丸紗也華スペシャルグラビア】Fカップの威風堂々――いつも「眠そう」って言われちゃうんです。の画像2
【20 YEARS OLD】友人たちに囲まれてお酒も初体験。ちょっと飲みすぎたかも?

 楽器が好きだった彼女は、中学生になると吹奏楽部に入る。

「やってたことだけみると、お嬢様っぽいですね(笑)。パーカッションとバスクラリネットを担当していて、コンクールに向けて3年間ガチでやってました」

 芸能の世界へ足を踏み入れたのも、ちょうどこの時期。渋谷でいまの所属事務所に声をかけられたのがきっかけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』