>   >   > のんが芸能界に革命を起こす!【1】/【能年玲奈】は天性のアナキストである!

――能年玲奈が「のん」に改名して早くも1年近くがたとうとしている。しかし、改名以降の活動は『この世界の片隅に』での声優以外、あまり知られてはいない。そこで、「のんは平成の世に生を受けた真のアナーキストである!」と喝破する“のん追っかけライター”Kが、のんの現状を明らかにする!

平成の伊藤野枝か?  はたまた、ただの天然女優か? 能年玲奈は天性のアナキスト!?ライターKののん浴日記全記録の画像1
写真上/寒い中、薄着で耐えるのんさん。写真下/久慈市の遠藤譲一市長から記念のタテをもらうのんさん。

 わたしは重度の「のんさんヲタ」である(敬愛をこめて「のんさん」と呼ぶ)。そもそもはNHK朝ドラの『あまちゃん』がきっかけなのだが、いまや、東西南北、のんさんのイベントがあれば駆けつけ、のんさんを生で見ることを生きがいとしている。

 今回、芸能特集にあたってのんさんにスポットを当てた記事を、と編集部から依頼され、これまでのわたしの“のん活”(のんさん追っかけ活動)とのんさんに対する自分なりの考えをまとめてみようと思ったのが、本稿執筆の動機である。

 さて、わたしを含むのんさんヲタにとって、ここ最近うれしいことが立て続けに起きている。そう、のんさんが復活の兆しを見せているのだ。主演声優を務めた昨年11月12日公開の映画『この世界の片隅に』が興行収入25億円を突破し、いまだロングラン上映中。今年1月にはJA全農いわての宣伝本部長に就任、3月には電動アシスト自転車「BESV」のブランドアンバサダーに、さらには同月、スペイン発のファッションブランド「Jocomomola de Sybilla」(ホコモモラ・デ・シビラ)とのコラボレーションプロジェクト「ホコとのん」が発表されるなど、のんさんの活躍の場が徐々に広がっている。そして何よりのんさんヲタにとって喜ばしいことが、3月よりオンエアされている「LINEモバイル」のCMだ。テレビ画面を通して動くのんさんが見られるなんて実に久しぶり。キリンジの名曲「エイリアンズ」をBGMに白シャツ姿でたたずむ姿がなんとも印象的なCMである。また、地方限定ながらも岩手銀行のCMにも出演している。なおかつ、のんさんの生まれ故郷である兵庫県神河町の観光PR動画への出演も決まり、今夏完成予定だという。

 のんさん、よくやった! 逆風をもいとわぬこの一連の流れを、“のんさん快進撃”といわずしてなんという!

初めて体験した“のん浴”――体が芯から温まる!

 では、そもそもなぜのんさんに逆風が吹いてしまったのか? 周知の通り、前所属事務所であるレプロエンタテインメントとの独立トラブルが表面化したのは15年のこと。そこから逆風が吹き始め、“飼い殺し状態”となったが、1年後の16年7月に個人事務所「株式会社non」を設立し、活動を再開している。

 しかし、「活動」といっても、のんさんヲタ以外にはその活動内容が広く知れ渡っていないことも事実。そこで、のんさんが具体的にどんな動きを見せているのか、紹介したい。

 独立以降、のんさんが公の場に初めて姿を現したのは16年9月18日。NHK朝ドラの『あまちゃん』の舞台となった岩手県久慈市の駅前で行われた「久慈市応援セレモニー」だ。

 わたしはこの日、初めて生でのんさんを見た。

 9月といえど、東北の海沿いの街、のんさん待ちで数時間前から久慈駅前で場所取りをしているとずいぶん体が冷えてくる。もっと厚着してくればよかったなぁ……なんて軽く後悔をしていたのだが、ついにのんさんが目の前に現れると、なんと体の芯からポカポカして温まってくるのだ。そして、それまでたまっていた疲労感が一気に吹き飛ぶ。これはまるで温泉だ。この、生ののんさんが近くにいると体が温まる現象をわたしは“のん浴”と名づけ、これまで以上にのんさんへの情熱がヒートアップすることになる(ちなみに“のん浴”なるワードはのんさんヲタ界隈では使われていない、わたし独自のワードである)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』