>   >   > のんが芸能界に革命を起こす!【1】/【能年玲奈】は天性のアナキストである!

――能年玲奈が「のん」に改名して早くも1年近くがたとうとしている。しかし、改名以降の活動は『この世界の片隅に』での声優以外、あまり知られてはいない。そこで、「のんは平成の世に生を受けた真のアナーキストである!」と喝破する“のん追っかけライター”Kが、のんの現状を明らかにする!

平成の伊藤野枝か?  はたまた、ただの天然女優か? 能年玲奈は天性のアナキスト!?ライターKののん浴日記全記録の画像1
写真上/寒い中、薄着で耐えるのんさん。写真下/久慈市の遠藤譲一市長から記念のタテをもらうのんさん。

 わたしは重度の「のんさんヲタ」である(敬愛をこめて「のんさん」と呼ぶ)。そもそもはNHK朝ドラの『あまちゃん』がきっかけなのだが、いまや、東西南北、のんさんのイベントがあれば駆けつけ、のんさんを生で見ることを生きがいとしている。

 今回、芸能特集にあたってのんさんにスポットを当てた記事を、と編集部から依頼され、これまでのわたしの“のん活”(のんさん追っかけ活動)とのんさんに対する自分なりの考えをまとめてみようと思ったのが、本稿執筆の動機である。

 さて、わたしを含むのんさんヲタにとって、ここ最近うれしいことが立て続けに起きている。そう、のんさんが復活の兆しを見せているのだ。主演声優を務めた昨年11月12日公開の映画『この世界の片隅に』が興行収入25億円を突破し、いまだロングラン上映中。今年1月にはJA全農いわての宣伝本部長に就任、3月には電動アシスト自転車「BESV」のブランドアンバサダーに、さらには同月、スペイン発のファッションブランド「Jocomomola de Sybilla」(ホコモモラ・デ・シビラ)とのコラボレーションプロジェクト「ホコとのん」が発表されるなど、のんさんの活躍の場が徐々に広がっている。そして何よりのんさんヲタにとって喜ばしいことが、3月よりオンエアされている「LINEモバイル」のCMだ。テレビ画面を通して動くのんさんが見られるなんて実に久しぶり。キリンジの名曲「エイリアンズ」をBGMに白シャツ姿でたたずむ姿がなんとも印象的なCMである。また、地方限定ながらも岩手銀行のCMにも出演している。なおかつ、のんさんの生まれ故郷である兵庫県神河町の観光PR動画への出演も決まり、今夏完成予定だという。

 のんさん、よくやった! 逆風をもいとわぬこの一連の流れを、“のんさん快進撃”といわずしてなんという!

初めて体験した“のん浴”――体が芯から温まる!

 では、そもそもなぜのんさんに逆風が吹いてしまったのか? 周知の通り、前所属事務所であるレプロエンタテインメントとの独立トラブルが表面化したのは15年のこと。そこから逆風が吹き始め、“飼い殺し状態”となったが、1年後の16年7月に個人事務所「株式会社non」を設立し、活動を再開している。

 しかし、「活動」といっても、のんさんヲタ以外にはその活動内容が広く知れ渡っていないことも事実。そこで、のんさんが具体的にどんな動きを見せているのか、紹介したい。

 独立以降、のんさんが公の場に初めて姿を現したのは16年9月18日。NHK朝ドラの『あまちゃん』の舞台となった岩手県久慈市の駅前で行われた「久慈市応援セレモニー」だ。

 わたしはこの日、初めて生でのんさんを見た。

 9月といえど、東北の海沿いの街、のんさん待ちで数時間前から久慈駅前で場所取りをしているとずいぶん体が冷えてくる。もっと厚着してくればよかったなぁ……なんて軽く後悔をしていたのだが、ついにのんさんが目の前に現れると、なんと体の芯からポカポカして温まってくるのだ。そして、それまでたまっていた疲労感が一気に吹き飛ぶ。これはまるで温泉だ。この、生ののんさんが近くにいると体が温まる現象をわたしは“のん浴”と名づけ、これまで以上にのんさんへの情熱がヒートアップすることになる(ちなみに“のん浴”なるワードはのんさんヲタ界隈では使われていない、わたし独自のワードである)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』