>   >   > ハリウッドにもドンはいた!【2】/ドンの【ハリウッド】支配方法

――一時はハリウッドのすべてを手中に収めたオーヴィッツ。ここでは彼の敏腕経営術から、支配のやり口を見ていこう。

成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術の画像1
『ハリウッドを掴んだ男 マイケル・オーヴィッツ』(徳間書店)

■コネと人脈をフルスピード活用!
わずか5年で会社が軌道に乗る
オーヴィッツが5人の仲間たちとCAAを旗揚げした当初、借金こそなかったものの常にカツカツで、電話番はそれぞれの妻に任せるほどだったが、日夜パーティや営業に出かけては人脈を築き上げたことで、5年ほどで米国の最大手エージェント会社になった。逆に古巣のWMEは、主要なエージェントのほとんどをCAAに引き抜かれてしまったせいで、オーヴィッツ失脚まで冬の時代を過ごすことになる。

■趣味は合気道
日本の経営術を取り入れる
ソニーのコロンビア買収と、松下(現・パナソニック)のMCA買収・売却で、秘密裏にフィクサーとして日本企業と接したオーヴィッツだが、こちらの記事でも紹介したジェームス・A・ミラー氏の取材に対し「何事も日本流のnemawashiが重要」と答えるなど、やたらと日本の経営術に傾倒。ちなみに、ミラー氏の著作のある章のタイトルが“Gyokai Wo Shihaisuru!”なのだが、特に日本語の意味は説明されていない。

■ゴリ押しもタレントのことを思って
タレント第一主義を徹底
CAAが「パッケージング」によって世に送り出した作品には、『レインマン』や『フォレスト・ガンプ』などがある。提案を断れば今後は自社のタレントを提供しないという、ゴリ押しに近いものだが、これは確実に所属俳優や監督たちを売り込むために作られたもので、俳優たちからは支持されていた。また、創立当初から他社よりも俳優たちの待遇を軒並み上げ、仲介料も6%に引き下げようとしたこともある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』