サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第41回【オープンイノベーション】のまっとうな始め方
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第41回

【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

【クロサカタツヤ×角 勝】不作為こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方の画像1
イノベーションに関する国際競争力ランキングの推移(出典:産業競争力会議(第2回)山本大臣提出資料)

猫も杓子も「イノベーション」と言いすぎ手垢まみれになったら、今度は「オープンイノベーション」なんて言いだした。その意味は、企業などの組織の中だけでなく、他の企業や研究機関、消費者と一緒になって、新しいものを作り出そうということ。でも、大企業ほど変われずに苦しんでいるし、お役所も依然として縦割り主義。そんな日本で本当にオープンイノベーションを広げるには、どうすればいいのだろうか?

クロサカ 角さんに初めて会った時は大阪市役所の職員で、その頃から「大阪に、変わった職員がいる」と有名でした。独立されてからは、名だたる大企業のハッカソン【1】アイデアソン【2】を支援されています。僕も仕事で企業の事業開発やオープンイノベーション【3】の取り組みをお手伝いするのですが、実は最近悩んでいます。そこで、今日は対談というよりも、角さんにご相談にきました(笑)。

 日本でオープンイノベーションが注目されている理由って、ものづくりによって経済成長をしてきたのに、その設備産業のアプローチが今の時代には通用しなくなっているからですよね。戦後の日本は、豊かな国アメリカに追いつけ追い越せと真似をしてきた。でも、製造業でアメリカを追い越してからも、日本は同じことを続けている。アメリカのように製造業に代わる新しい産業を生み出せず、一方で製造業そのものは台湾や中国に抜かされている。

クロサカ 日本では「市場が飽和している」と、よく言われます。それなのに「新しいものを作ろう」というのは、よく考えると、とんでもない状況です。市場が飽和してるなら、新しいものを投入すると、もっとあふれ返ってしまう。

 昔は、新しいテクノロジーを手に入れれば、それだけで圧倒的に有利でした。歴史をひもとけば、農耕によって狩猟の時代よりも安定して食料を手に入れられるようになり、人口が増えた。その後、時代が下って産業革命があり、さらにはIT革命・インターネット革命が起こり、テクノロジーのサイクルがどんどん早くなっている。でも、人間のほうの世代交代は遅いまま……というより寿命が延びたことでむしろ昔より遅くなっているくらい。なので、新しいものが出てきても人間のほうが対応できないんです。これまでは、新しい技術で新しい製品を作れば、皆が買った。でも今は、テクノロジードリブンで作ったものが買ってもらえないし、だからそうしたものづくりは行き詰まっている。

クロサカ そのわかりやすい例がスマートフォンですね。これだけ多くの日本人がスマホを使っているのに、多くの日本のメーカーは、その開発や製造に成功していません。今や事業撤退どころか、企業ごと海外に買われかねない状況です。だから、オープンイノベーションに希望を託しているんですね。

 でもね、日本企業は「昔からオープンイノベーションに取り組んでいた」って言うんですよ。実際、大手家電メーカーに「オープンイノベーション推進部」みたいな部署も、昔からあったりして。

クロサカ それって、どういうことですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』