>   >   > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第41回【オープンイノベーション】のまっとうな始め方
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第41回

【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

【クロサカタツヤ×角 勝】不作為こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方の画像1
イノベーションに関する国際競争力ランキングの推移(出典:産業競争力会議(第2回)山本大臣提出資料)

猫も杓子も「イノベーション」と言いすぎ手垢まみれになったら、今度は「オープンイノベーション」なんて言いだした。その意味は、企業などの組織の中だけでなく、他の企業や研究機関、消費者と一緒になって、新しいものを作り出そうということ。でも、大企業ほど変われずに苦しんでいるし、お役所も依然として縦割り主義。そんな日本で本当にオープンイノベーションを広げるには、どうすればいいのだろうか?

クロサカ 角さんに初めて会った時は大阪市役所の職員で、その頃から「大阪に、変わった職員がいる」と有名でした。独立されてからは、名だたる大企業のハッカソン【1】アイデアソン【2】を支援されています。僕も仕事で企業の事業開発やオープンイノベーション【3】の取り組みをお手伝いするのですが、実は最近悩んでいます。そこで、今日は対談というよりも、角さんにご相談にきました(笑)。

 日本でオープンイノベーションが注目されている理由って、ものづくりによって経済成長をしてきたのに、その設備産業のアプローチが今の時代には通用しなくなっているからですよね。戦後の日本は、豊かな国アメリカに追いつけ追い越せと真似をしてきた。でも、製造業でアメリカを追い越してからも、日本は同じことを続けている。アメリカのように製造業に代わる新しい産業を生み出せず、一方で製造業そのものは台湾や中国に抜かされている。

クロサカ 日本では「市場が飽和している」と、よく言われます。それなのに「新しいものを作ろう」というのは、よく考えると、とんでもない状況です。市場が飽和してるなら、新しいものを投入すると、もっとあふれ返ってしまう。

 昔は、新しいテクノロジーを手に入れれば、それだけで圧倒的に有利でした。歴史をひもとけば、農耕によって狩猟の時代よりも安定して食料を手に入れられるようになり、人口が増えた。その後、時代が下って産業革命があり、さらにはIT革命・インターネット革命が起こり、テクノロジーのサイクルがどんどん早くなっている。でも、人間のほうの世代交代は遅いまま……というより寿命が延びたことでむしろ昔より遅くなっているくらい。なので、新しいものが出てきても人間のほうが対応できないんです。これまでは、新しい技術で新しい製品を作れば、皆が買った。でも今は、テクノロジードリブンで作ったものが買ってもらえないし、だからそうしたものづくりは行き詰まっている。

クロサカ そのわかりやすい例がスマートフォンですね。これだけ多くの日本人がスマホを使っているのに、多くの日本のメーカーは、その開発や製造に成功していません。今や事業撤退どころか、企業ごと海外に買われかねない状況です。だから、オープンイノベーションに希望を託しているんですね。

 でもね、日本企業は「昔からオープンイノベーションに取り組んでいた」って言うんですよ。実際、大手家電メーカーに「オープンイノベーション推進部」みたいな部署も、昔からあったりして。

クロサカ それって、どういうことですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』