>   >   > GSブームが起こした芸能界の大きな確変【1】/【グループ・サウンズ】から見る芸能界

――60年代後半にブームとなったグループ・サウンズ(GS)。スパイダース、タイガース、テンプターズといったバンドが人気を博し、堺正章、沢田研二、萩原健一らが輩出された一方、スパイダースのドラマー・田邊昭知は芸能界のドンとして君臨するまでに。あの時代、何か“変革”が起きたのか? 芸能史におけるGSを再考!

GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ!グループ・サウンズから見る芸能史の画像1
【1】浜口庫之助が作詞・作曲したスパイダースのシングル『夕陽が泣いている/チビのジュリー』(フィリップス/66年)は、公称120万枚を超えるセールスを記録。【2】ヴィレッジ・シンガーズのシングル『亜麻色の髪の乙女』(日本コロムビア/68年)は橋本淳が作詞、すぎやまこういちが作曲した。B面の「瞳をとじて」は同じく橋本淳が作詞、筒美京平が作曲。

 去る5月2日、グループ・サウンズ(以下、GS)を代表するバンド、ザ・スパイダースの元メンバーでソロとしても長年活動し、2017年3月にがんで亡くなったミュージシャン・ムッシュかまやつのお別れの会が営まれた。この会で堺正章や井上順といった元スパイダースの面々が再結成ライブを披露したことが話題となったが、ステージ後方でドラムを叩いていた人物がいる。彼の名は田邊昭知。タモリや研ナオコ、永作博美、堺雅人らを擁する大手芸能プロダクション・田辺エージェンシーの社長である。

 田邊といえば、16年の夏目三久の妊娠“誤報”騒動やSMAPの解散騒動でその名前がクローズアップされるなど、バーニングプロダクション社長の周防郁雄とともに“芸能界のドン”と称されるが、彼がGS出身であることは今ではあまり語られない。しかし、大手レコード会社の社員A氏は「GSは日本の芸能界における大きな変革であり、このGSを起点に現在の“田辺帝国”は築かれたのではないか」と語る。本稿では、GSというムーブメントが芸能史にどのように位置づけられ、そこで田邊はいかにしてのし上がったのか、検証したい。

 その前に、田邊の経歴をざっと見ておこう。1938年、東京に生まれた彼は、50年代に米軍キャンプに出入りしながらドラムを始めた。ホリプロ創業者の堀威夫が57年に結成したロカビリー・バンドのスウィング・ウエストを経て、61年に「田辺昭知とザ・スパイダース」を結成。その後、かまやつ、堺、井上らが加わり66年にバンド名を「ザ・スパイダース」に変更、ホリプロから独立して芸能プロ「スパイダクション」を設立した。71年にスパイダースを解散し、73年、スパイダクションの規模を拡大して「田辺エージェンシー」に改称。以降、タモリらを見いだし、芸能界における同社の地位を盤石のものとしている。

 本題に入るが、そもそもGSとは、66年6月のザ・ビートルズ来日を機に大流行したボーカル入りのエレキギター・バンドのこと。66年3月にジャッキー吉川とブルー・コメッツの「青い瞳」、9月にスパイダースの「夕陽が泣いている」がヒットすると、次いでザ・タイガースやザ・テンプターズ、オックスといったバンドが続々とデビューした。だが、69年にはブームは下火になり、71年1月、トップ・グループのタイガース解散をもってGS時代は幕を閉じたといわれる。

 かようにGSは一過性のブームだったが、そこからさまざまなタレントも誕生。先述の堺や井上、かまやつのほか、「ジュリー」こと沢田研二と岸部一徳、岸部四郎(いずれもタイガース)、「ショーケン」こと萩原健一(テンプターズ)、鈴木ヒロミツ(ザ・モップス)、寺尾聰(ザ・サベージ)、尾崎紀世彦(ザ・ワンダース)などだ。ただ、バンド解散後にソロ歌手や俳優として活躍した者はいるが、芸能プロの社長として、いわば“裏方”として大成したのは田邊だけと言っていい。

田邊昭知が“発見”した堺正章、萩原健一、タモリ

 では、レコード会社社員A氏の言うGSによる“変革”とは何か? それは、“原盤制作”ビジネスの本格化だという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』