>   >   > 人気者りゅうちぇるを科学する!【1】/【りゅうちぇる】とはなんなのか?

――テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか?あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会に潜む“何か”を表象しているのか? この時代の寵児の本質を、複数の視点から解明していきたい。

視聴者は彼に何を求めているのか?現代ニッポンの病巣を表象?人気者りゅうちぇるを科学する!の画像1
AbemaTVでほうそうされているりゅうちぇるの冠番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』。

 なぜ、こんなに人気があるのか――。80年代アイドルのような派手なファッションにオネエ言葉を操るタレント、りゅうちぇる。沖縄(本人いわく、ちぇるちぇるランド)出身の21歳で、原宿のアパレルショップでバイトしているときに、パートナーのぺこ(オクヒラテツコ)と出会って交際。読者モデルとしてすでに人気があったぺこの“変わった彼氏”として、2015年からはテレビ出演するようになり、今では単独で人気者に。16年の大晦日にはぺことの結婚を発表し、第67回NHK紅白歌合戦にも夫婦で出演した。

 当初は“おバカ枠”のタレントのひとりにすぎなかったが、今年2月5日に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、「自分の発信したいことと世の中がズレてきたらどうするか」と質問され、「僕は、自分を貫くことは絶対曲げない。だけど、ぺこりんを守っていく上で、ファッションだったりとか、ほかの仕事とかバラエティとか今のお仕事にこだわらず、いろんなことに挑戦していきたいし、ぺこりんのためだったら自分のプライドを捨ててまでも頑張りたい」と発言し、評判となった。さらに、3月10日に放送された『りゅうちぇる×ちゃんねる』(AbemaTV)では、「僕は男の子だけど、小さい頃からかわいいものが大好きで。例えば、水を飲むときにも小指が立っちゃうし、何をしてもからかわれることが多かったんですよね」「ぶっちゃけ、これで男の子が好きなほうがまだわかりやすいし、楽って思っちゃってた。それか普通の男の子になりたいと思ってた。こんなにかわいいものが好きなのに、なんで女の子が好きなんだろうって」と心境を証、「LGBTに当てはまらない、名前さえない人たちも、今は人間が人間を愛する時代だなって僕は思う」とセクシャル・マイノリティに理解を示す発言をし、“おバカ”だけではない面も見せつけた。

 ミッツ・マングローブは、男性同性愛者=オネエという乱暴な解釈がされがちなノンケ社会において、「彼はノンケ男的に最も分かり易い事実(女とヤっている)で、自分がオスであることを証明し、結果『男(オス)として認められた日本初のテレビ的オネエ』に成り得た人物」と分析している(「週刊朝日」17年2月3日号)。

 おバカ男性タレントなのか、原宿系タレントなのか、オネエタレントなのか、既存のジャンルにあてはめることが難しいタレント、りゅうちぇる。彼について、男女論としての視点から著述家の湯山玲子氏、原宿ファッションの視点からスナップ雑誌「FRUiTS」の発行者である青木正一氏、クィア・スタディーズの視点から社会学者の森山至貴氏に、その人気について分析してもらった。

湯山氏の分析はこちら
青木氏の分析はこちら
森山氏の分析はこちら

(文/安楽由紀子)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

    • 【紗栄子】ついに破局!ゾゾタウンの英断
    • 【安倍政権】をめぐるマスコミ舞台裏
    • 【松居一代】を現役精神科医が語る

インタビュー

    • 【松永有紗】JKを卒業した女優の行く手
    • 【あずき】瑛太&深キョンと共演した人気ハリネズミ
    • 【金子大輝】危険な格闘家は瞳がキュート

連載

    『マルサの女』
    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    特別企画
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    彼女の耳の穴
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    『高須基仁の「全摘」』
    • サブカルチャーの終焉を見た
    『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    『大石始のマツリフューチャリズム』
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    『哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」』
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    『法社会学者・河合幹雄の「法"痴"国家ニッポン」』
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    『精神科医・岩波明の「精神異学」』
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    『町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」』
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    『神保哲生×宮台真司の「マル激 TALK ON DEMAND」』
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    『小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」』
    • 戦死者たちの肖像(上)
    『笹 公人と江森康之の「念力事報」』
    • もやもや籠池劇場
    『ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」』
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    『稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」』
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    『アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」』
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    『辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」』
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    『更科修一郎の「批評なんてやめときな?」』
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』