>   >   > 一発屋芸人はなぜ生み出されるのか?【2】/【ナベプロ芸人】がたどる末路

――たくさんの人気者が次から次へと笑われては消えていくのが芸能界。キャラ芸人は、テレビで活躍できる寿命も短いという。

1709_nabepro_column.jpg
ワタナベエンターテインメントHPお笑い芸人一覧より

 キャラ芸人の消費のサイクルが加速に加速を重ねる昨今、新人がブレイクすると同時に「いつ消えるのか」などと囁かれるようになった。では、すでに消えてしまった人々は、どうしているのか。主要なナベプロ芸人の足跡を追った。

 まずは波田陽区。04年に「ギター侍」ネタでブレイクした彼の最高月収は2800万円と、まさに一世を風靡したが、やがて没落。子どもの給食費を払うのが難しいほど困窮した。一時はユーチューバーとして活動していたが、評価は散々なもので、投稿も15年9月にストップ……そんな彼の転機になったのは、16年のリオ五輪だ。卓球の銅メダリスト・水谷隼選手と顔が似ていることが指摘され、テレビ番組にたびたび招かれるようになった。現在は地元の福岡在住。この“水谷特需”で「仕事の量が5倍に増えた。給食費も家賃も払える」と語る姿がテレビで確認されている。

 女王様キャラで人気を博した、にしおかすみこはどうだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載