>   >   > 「小田嶋隆の東京23話」/大田区
連載
小田嶋隆の「東京23話」【8】

【小田嶋隆】大田区――距離ができつつある幼馴染の男と女

+お気に入りに追加

東京都23区――。この言葉を聞いた時、ある人はただの日常を、またある人は一種の羨望を感じるかもしれない。北区赤羽出身者はどうだろう? 稀代のコラムニストが送る、お後がよろしくない(かもしれない)、23区の小噺。

【小田嶋隆】大田区――とんでもない距離ができつつある幼馴染の2人の男女の画像1
(絵/ジダオ)

「颯太?」

 と、いきなり背中を叩かれて、柳田颯太は後ろを振り返った。

「やっぱり颯太だ」

 声の主はあゆみだった。

「あんたなんのつもり?」

「なんのって、なにがだよ」

「その髪よ。きったない金髪。どうしたのそれ。何かの罰ゲーム? それともグレたわけ? いいトシして今さらそこいらへんの中坊みたいに」

「なんでもないよ」

「へー。なんでもなくてある日髪の毛の色がガイジンみたいな金髪になるんだ」

「悪いけど急いでるんだ」

「急いでるって、もしかして映画のオーディションでも受けるつもり? ハリウッドとかの。それで金髪に変装してるわけ?」

「うるせえな」

「うるせえなじゃないでしょ。一体どういうつもりなのよこれは? こんなバカなチンピラみたいなアタマで世間を歩いて。本当のバカになったの?」

 あゆみは幼なじみだ。というよりも、家族に近いかもしれない。姉なのか妹なのかは微妙なところだが、子ども時代の長い時間を共に過ごした間柄だ。

「あんた、勤め先にはマジメに通ってるの?」

「うるせえな」

「うるせえなって、どこのガキよ。もう少し人間らしい返事できないの?」

「ほっといてくれよ」

「だから質問に答えなさいよ。仕事はどうしたの?アタマは何事? 人生投げてんじゃないの?」

「おまえこそアタマおかしいんじゃないか?」

「どうなのよ。仕事は辞めてないんでしょうね」

「辞めてないよ。毎日真面目に出勤してるよ」

「それは良かった。で、勉強はしてる? ちゃんと食事は摂ってる?」

「お前はオレのオフクロか?」

「あんたのお母さんのこと言ってるんなら、あのヒトはもう帰って来ないよ。きれいな人だったけど、人間が弱かった。あたしは、あんたがその弱さを受け継いでるんじゃないかって心配してるんだよ。わかってる? あんたヤケになってない?」

「うるせえな」

「ほら、やっぱり大切なアタマを金髪なんかにしてるからボキャブラリーが激減してる。きっと知能指数だって半分ぐらいになってるよ」

「メシはちゃんと食ってるし、仕事もしてる。アタマは気分転換。勉強は辞めた。以上報告終わり。満足したか?」

「ちょっと。勉強辞めたっていうのは、どういうこと? あんた自分の状況わかってるの?」

「余計なお世話だよ」

「あんたは余計なお世話が必要な人間なんだよ。わかってるの? で、勉強やめたって何よ。一体どういうつもりなの?」

 あゆみが颯太の現状にしつこく介入したがるのは、3年前に母親を亡くした颯太が、19歳で自活を余儀なくされている境遇をよく知っていたからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』