>   > 姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」【4】/【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

――本特集のイメージガールを務めてもらった姫乃たまに聞く、アイドルグループの「3年周期説」。

1705_himeno.jpg
「姫乃たまのあしたまにゃーな」より

 アイドルには、“3年で引退”説というのがあります。グループかソロかに限らず、デビューして1年目は、自分がアイドルになれたことがただ楽しい。それが2年目に入ると、活動に慣れてきて「頑張らなきゃ」という意識が芽生え、3年目で「自分は売れないな」と見切りをつける。そもそも、地下アイドルって10代~20代前半の女の子が多いので、高校や大学入学のタイミングで活動を始めると、卒業、もしくは就職活動がちょうど3年目に来るんです。そこで決断をする子も少なくありません。

 私はデビューから一貫して、フリーのソロアイドルとして活動してきました。だからこそ、辞めるタイミングも自分次第です。対してグループアイドルに所属している場合、所属事務所の決算のタイミングで解散、メンバー入れ替えなどが行われることも多いと聞きます。地下アイドルの中でも比較的メジャーなアイドルグループは、たいていきちんとした事務所が運営しています。となると、3月に決算があることが多い。3月末に解散するアイドルグループが多いのには、そういう理由もあるのではないでしょうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載