>   > 姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」【1】/連続解散に見る【アイドル】の限界

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――アイドルファンからの熱い期待を受け、あと少しでメジャーアイドルに昇格か? とも目されていた中堅どころのアイドルグループの解散・活動休止が相次いでいる。そのウラにはどのような事情があるのか、関係者の証言をもとに徹底分析!

1705_img006_520.jpg
[SCENE 6]解散ラストライブ・2017.3.30
運営もメンバーももうヘトヘト。これが、メンバー全員が揃う最後のライブ。
ファンのみなさん、いままでどうもありがとう。

[ナビゲーター]

姫乃たまちゃん(24)
知る人ぞ知る地下アイドル界の帝王が、独白付きで「アイドルの一生」を熱演。こちらの記事ではセミヌードを披露し、インタビューも掲載!

 アイドルグループが、解散のときを迎えている。メジャーアイドルの話ではない。いわゆる地下アイドル……インディペンデントアイドル界隈での話だ。

 もちろん、アイドル戦国時代ともいわれたアイドルブームが収束する中、メジャーアイドルでも引退、解散の話は多い。乃木坂46の橋本奈々未は2月に引退、小嶋陽菜は4月にAKB48を卒業、さらにハロー!プロジェクトでは℃-uteが6月に解散し、Berryz工房・カントリー・ガールズ所属の嗣永桃子も6月で引退する──。

 しかし、問題はそこにはない。2016年末頃より、小規模ながらも将来を嘱望された中堅どころのアイドルグループが続々と解散、ないし事実上の活動停止に追い込まれ、多くのファンたちを悲嘆に暮れさせているのである。

 その具体例は欄外の「解散アイドルグループ一覧」をご覧いただくとして、有名どころでいえば例えば、芸能事務所に所属しない完全自己プロデュースアイドルとして3000人規模のワンマンライブを成功させた「生ハムと焼うどん」。16年3月に赤坂BLITZ、10月にはTOKYO DOME CITY HALLでのライブを成功させノリに乗っていたにもかかわらず、17年4月での“断食”(活動休止)を突然宣言。さらにはその後、関係者を自称する人物がツイッターで金銭トラブルを匂わす内情を暴露するといったスキャンダラスな展開になっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』