>   > 姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」【1】/連続解散に見る【アイドル】の限界

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――アイドルファンからの熱い期待を受け、あと少しでメジャーアイドルに昇格か? とも目されていた中堅どころのアイドルグループの解散・活動休止が相次いでいる。そのウラにはどのような事情があるのか、関係者の証言をもとに徹底分析!

1705_img006_520.jpg
[SCENE 6]解散ラストライブ・2017.3.30
運営もメンバーももうヘトヘト。これが、メンバー全員が揃う最後のライブ。
ファンのみなさん、いままでどうもありがとう。

[ナビゲーター]

姫乃たまちゃん(24)
知る人ぞ知る地下アイドル界の帝王が、独白付きで「アイドルの一生」を熱演。こちらの記事ではセミヌードを披露し、インタビューも掲載!

 アイドルグループが、解散のときを迎えている。メジャーアイドルの話ではない。いわゆる地下アイドル……インディペンデントアイドル界隈での話だ。

 もちろん、アイドル戦国時代ともいわれたアイドルブームが収束する中、メジャーアイドルでも引退、解散の話は多い。乃木坂46の橋本奈々未は2月に引退、小嶋陽菜は4月にAKB48を卒業、さらにハロー!プロジェクトでは℃-uteが6月に解散し、Berryz工房・カントリー・ガールズ所属の嗣永桃子も6月で引退する──。

 しかし、問題はそこにはない。2016年末頃より、小規模ながらも将来を嘱望された中堅どころのアイドルグループが続々と解散、ないし事実上の活動停止に追い込まれ、多くのファンたちを悲嘆に暮れさせているのである。

 その具体例は欄外の「解散アイドルグループ一覧」をご覧いただくとして、有名どころでいえば例えば、芸能事務所に所属しない完全自己プロデュースアイドルとして3000人規模のワンマンライブを成功させた「生ハムと焼うどん」。16年3月に赤坂BLITZ、10月にはTOKYO DOME CITY HALLでのライブを成功させノリに乗っていたにもかかわらず、17年4月での“断食”(活動休止)を突然宣言。さらにはその後、関係者を自称する人物がツイッターで金銭トラブルを匂わす内情を暴露するといったスキャンダラスな展開になっている。

 また、サイケデリックな楽曲と激しいライブが熱狂的なファンに支持された「BELLRING少女ハート」は16年12月いっぱいで活動休止、メンバーを大幅に入れ替え「There There Theres」として再出発した。ラップアイドルとして16年4月にメジャーデビューを果たした「lyrical school」も、17年2月でメンバー5人のうち3人が卒業し、新メンバーを入れての再始動待ちだ。

 ほかにも、80年代フレイバー溢れるシティーポップが異彩を放った「Especia」は、16年4月に活動拠点を大阪から東京に移動、大幅なメンバーチェンジを経て心機一転再出発したばかりだったが、17年3月に解散してしまった。シンガーソングライター清竜人とその妻たちによる“一夫多妻制アイドル”というコンセプトの「清竜人25」は、その斬新な設定で人気を博し、16年4月には中野サンプラザでのワンマンライブも成功させたが、17年6月に解散することが発表された。

 ここに挙げたアイドルたちはいずれも、Zepp 東京など2000人規模のワンマンライブを成功させている、いわば“ブレイク予備軍”であった。その先にある日本武道館や横浜アリーナなどの大規模な会場でのワンマンライブを視野に入れ、より大きな舞台で羽ばたこうとしていた矢先に、なぜ解散や活動休止、メンバーの大量卒業といった事態に陥るのか。そしてさらに小規模な地下アイドル界隈のアイドルグループは、一定の固定ファンを獲得しながら、なぜひっそりと活動に休止符を打ってしまうのか──。

 華やかなはずのアイドルの世界でいま、一体何が起きているのか。そのウラ側に迫ってみたい。

 また、本特集のナビゲーターとして、『潜行』(小社刊)の著作があり、地下アイドルとして活躍する姫乃たまちゃんも登場。大胆なセミヌードを披露していただきつつ、グラビア写真と共に「アイドルの一生」を熱演してもらった。こちらも併せてご堪能いただければ幸いである。

(文/三瓶なぎさ)
(写真/桑島智輝)
(ヘア&メイク/吉井めぐみ)

あの有名グループも!
解散・活動休止・体制変更アイドルグループ一覧

1705_thum038_100.jpg

GALETTe*
2013年、九州を拠点に活動していたアイドルが集まって結成。所属事務所がアイドル事業から撤退したことにより、2016年10月26日のワンマンライブで解散。


1705_thum037_100.jpg

まどもあ54世
2014年10月結成。お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世がプロデュースするというコンセプトだったが、2016年11月3日で解散。


1705_thum036_100.jpg

アンドクレイジー
2013年3月結成。メンバー5人中3人が2016年12月28日のライブで卒業し、グループの活動休止。新メンバーを募集。


1705_thum035_100.jpg

Dream5
2009年『天才てれびくんMAX』(NHK Eテレ)内のオーディションを経て誕生。2016年12月31日で、活動終了。


1705_thum034_100.jpg

BELLRING少女ハート
2012年2月結成。2016年12月31日で活動終了。2017年2月からメンバーを入れ替え「There There Theres」に改名。


1705_thum033_100.jpg

Le Lien
2013年11月結成。スターダストプロモーションに所属するモデルや女優によるガールズバンド。2016年12月31日で解散。


1705_thum032_100.jpg

Peach sugar snow
2012年12月結成。メンバー・あいなの卒業を受け、2016年内で解散。残ったサララを中心とした「Peach sleep sky」結成。


1705_thum024_100.jpg

Doll☆Elements
「愛乙女★DOLL」の3期研究生として、2011年に結成。2017年1月14日開催のZepp東京でのライブをもって解散。


1705_thum031_100.jpg

ドリィムアビリティ
2015年11月結成。2017年1月27日のライブを持って解散。元運営関係者からの嫌がらせなどが解散の理由だと説明された。


1705_thum030_100.jpg

BUNNY♡KISS
2014年、2人組の体制で始動。2016年11月にメンバーの1人が運営のパワハラを告発し、脱退。2017年1月29日に解散。


1705_thum029_100.jpg

恋をするには若すぎる
2017年1月末、メンバーがプロデューサーによるセクハラ行為を告発したうえで、全メンバーが脱退。デビューライブ前であった。


1705_thum003r_100.jpg

CAMOUFLAGE
2012年結成。当初のメンバーは名古屋のメイドカフェの店員だった。2017年1月、メンバー6人中4人が卒業し、活動休止となった。


1705_thum028_100.jpg

Edge Dub Monkeyz
2014年に「ステレオ大阪」として結成。2017年2月11日のイベントで全メンバーが卒業することに。新たに新メンバーを募集。


1705_thum027_100.jpg

lyrical school
2017年2月26日をもって、オリジナルメンバーのami、ayaka、meiが卒業。minan、himeを中心とした新体制で活動予定。


1705_thum025_100.jpg

合法幼女症候群REBOOT
2013年「合法幼女症候群」としてスタート。2016年4月より現体制となったが、2017年3月4日のライブで解散。


1705_thum026_100.jpg

乙女♡BITCH
2016年、日本一BITCHで過激なアイドルとして結成。2017年3月6日に活動休止。運営との間のトラブルをメンバーが明かす。


1705_thum022_100.jpg

17代目ミニスカポリス
2016年7月結成。2017年3月15日のライブでパトロール終了(活動休止)。元メンバーがギャラの未払いをツイッターで告発していた。


1705_thum023_100.jpg

NEXT少女事件
2014年2月結成。3人組としてスタートしたが、最終的にはメンバーは1人だけになっていた。17年3月20日のワンマンライブで解散。


1705_thum021_100.jpg

Especia
2012年結成。2016年4月に大幅なメンバーチェンジをして東京に活動拠点を移す。2017年3月26日のツアー最終公演で解散。


1705_thum039_100.jpg

nanoRider
2010年「nanoCUNE」として結成。2016年に改名。17年3月26日のライブでメンバーの門田茉優が卒業し、同時にグループ解散。


1705_thum020_100.jpg

Jeanne Maria
2015年3月結成。ライブではアクロバットを披露する。2017年3月28日の定期公演で活動終了し、4月8日から改名して活動再開。


1705_thum019_100.jpg

キャラメル☆リボン
2009年、大阪の芸能スクールの生徒で結成。3月31日を持ってメンバー全員卒業。タワーレコードのT-Palette Recordsに所属していた。


1705_thum015_100.jpg

Tokyo Cheer(2) Party
2010年8月に結成され、2013年にメジャーデビューした老舗グループ。2017年3月31日の単独ライブをもって解散。


1705_thum016_100.jpg

Rev. from DVL
2011年に福岡を拠点とするアイドルユニットとして始動。2017年3月31日に解散。“千年ちゃん”こと橋本環奈はソロ活動へ。


1705_thum014_100.jpg

DIANNA☆SWEET
2013年結成、名古屋を中心に活動したが、2017年3月でメンバー3人全員卒業。新メンバーを募集して活動を再開する予定。


1705_thum018_100.jpg

Prizmmy☆
アニメ『プリティーリズム』シリーズから誕生。2012年結成。3月末でグループ活動終了。妹グループのプリズム☆メイツも活動終了。



1705_thum012_100.jpg

月と太陽
2014年結成。2015年に一時活動休止している。現メンバー3人全員が2017年4月1日のライブをもって卒業。


1705_thum009_100.jpg

恋するBEAT
2014年結成。プロデューサーのセクハラによる脱退騒動を経て、最後の1人のメンバーが体調不良となり、2017年4月6日で解散。


1705_thum010_100.jpg

生ハムと焼きうどん
2015年、高校の同級生だった東理紗、西井万里那で結成。信頼関係が崩れ、2017年4月21日の単独ライブで断食(活動休止)。


1705_thum011_100.jpg

北風インパクトChoque!
2015年4月結成。「ビリビリロック」を広めるべく活動していたが、2017年4月26日に渋谷WWW Xで行われるワンマンライブで解散。


1705_thum017_100.jpg

メチャハイ♡
2012年、「青山☆聖メチャメチャハイスクール」として結成。2017年4月29日のイベントで解散。妹グループも同時に解散。


1705_thum013_100.jpg

Hauptharmonie
2014年7月結成。メンバーの茅ヶ崎りこを問題行動があったとして解雇処分にしたうえで、4月のツアー終了後に解散の予定。


1705_thum002r_100.jpg

PiiiiiiiN
2013年12月に結成。2016年12月にはオーディションで選ばれた新メンバー候補生をお披露目したが、17年5月5日をもって解散。


1705_thum007r_100.jpg

Phantom Voice
2015年4月結成。2017年5月20日のワンマンライブをもって解散。プロデューサーはMC仁義ことGERU-C閣下。


1705_thum006r_100.jpg

℃-ute
2005年結成。ハロー!プロジェクトの5人組。2017年6月12日に開催予定のさいたまスーパーアリーナ公演にて解散。


1705_thum008r_100.jpg

清竜人25
シンガーソングライター清竜人とその妻たちという設定で2014年に結成。2017年6月17日幕張メッセのライブで解散。


1705_thum001r_100.jpg

ラブアンドロイド
2013年結成。未来から現在にタイムスリップしてきたアンドロイドという設定。2017年3月にメンバー1人が卒業し、夏で活動休止。



人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載