>   > 学校では習わない"日本のキリスト教"史【2】/宣教師と【キリシタン】の実態

――キリシタン史に詳しく、著書『商人と宣教師 南蛮貿易の世界』がある東京大学史料編纂所准教授の岡美穂子氏。『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』で迫害された世のキリシタンの実像を綴ったノンフィクション作家・写真家の星野博美氏。この2人が、映画『沈黙』の問題点をあぶり出しながら、宣教師やキリシタンに関する歴史の真実に迫る!

1705_taidan_01afro_230.jpg
日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・サビエルは、天竺(インド)から来た仏僧だと思われていた。(写真/アフロ)

岡美穂子(東京大学史料編纂所准教授)×星野博美(ノンフィクション作家・写真家)

 教科書的なおさらいからすると、キリスト教は日本へは「南蛮貿易とセットでやって来た」、つまりポルトガルやエスパニア(スペイン)から世界各地へ布教に赴いた宣教師たちは、商業活動にもさまざまな形で携わっていました。その拠点のひとつがマカオで、だから映画『沈黙』の冒頭でも、あそこを経由してパードレ(司祭)たちが九州へやって来ます。

星野 あのマカオのシーンはめっちゃ手抜きで、オリエンタリズム丸出しだったのが面白かったですね。カンフー映画に出てくる酒場みたいな、適当な感じで。

 日本の描写は、原作小説『沈黙』のあとに進んだキリシタン研究から判明したことも入れ込んでいたのに、あそこは確かに……。ただ、マカオの波止場のあたりは19世紀に撮影された写真を参考にしているのかな、とも思いました。

星野 イエズス会の当時の戦略が「領主を教化して、民衆に広げる」というものだったからか、彼らはマカオで商業活動はしていたけれども、布教に力は入れていない。そこを分けて考えていたのが、面白いところですね。

 彼らは明(中国)の首都・北京において、どうやって自分たちのステータスを上げるかを考えていたんですよね。宣教師たちの商業活動への関わりということで少し宣伝させていただくと、私の夫ルシオ・デ・ソウザとの共著『大航海時代の日本人奴隷』(中央公論新社)を先日刊行したのですが、そこでは南蛮貿易で日本人が奴隷としてインドやアフリカなど世界各地に売られていたこと、それにイエズス会がどれくらい関わっていたか、売られていった人たちがどうなったのかについて書いています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載