サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【4】/ロスのボンテージクラブに君臨する女帝の話
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【4】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ロスのボンテージクラブに君臨する女帝の話

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1705_01_ash_ph_main_520.jpg
ロサンゼルス「IVY MANOR」 / MistressBettieBondage.com

 連載初回で日本のSMクラブを紹介したが、今回はロサンゼルスにあるボンデージ・クラブ「IVY MANOR」を紹介する。アメリカではSMと言わず、“ボンデージ“という言葉を使うのが主流で、女王様は〈ドミネトリックス〉、奴隷を〈サブミッシブス〉と呼ぶ。写真は、この店で働いているベティ・ボンデージといって、この界隈では有名な女帝だ。

 以前の連載でも書いたが、日本におけるSMの素晴らしさは、技術の高い緊縛だ。アメリカにも緊縛技術に長けたドミネトリックスはいるが、そのほとんどが日本の緊縛から影響を受けている。そうじゃないドミネトリックスたちは、手錠をかけたり、ムチで打つなど、奴隷を調教するプレイがメイン。実際にベティのプレイを鑑賞したが、奴隷はマスクをかぶらされ、尻を叩かれてはニードルプレイに興じ、彼女に罵られて快感を得ていた。プレイを終えた彼女に話を聞いた。

「お医者さんプレイと血が好きよ。針やメス、浣腸、ステンレスの医療器具を用いたプレイは、私を高揚させてくれる。それに合わせて奴隷のお尻をスパンキングするのが大好き。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』