>   > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【4】/ロスのボンテージクラブに君臨する女帝の話
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【4】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ロスのボンテージクラブに君臨する女帝の話

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1705_01_ash_ph_main_520.jpg
ロサンゼルス「IVY MANOR」 / MistressBettieBondage.com

 連載初回で日本のSMクラブを紹介したが、今回はロサンゼルスにあるボンデージ・クラブ「IVY MANOR」を紹介する。アメリカではSMと言わず、“ボンデージ“という言葉を使うのが主流で、女王様は〈ドミネトリックス〉、奴隷を〈サブミッシブス〉と呼ぶ。写真は、この店で働いているベティ・ボンデージといって、この界隈では有名な女帝だ。

 以前の連載でも書いたが、日本におけるSMの素晴らしさは、技術の高い緊縛だ。アメリカにも緊縛技術に長けたドミネトリックスはいるが、そのほとんどが日本の緊縛から影響を受けている。そうじゃないドミネトリックスたちは、手錠をかけたり、ムチで打つなど、奴隷を調教するプレイがメイン。実際にベティのプレイを鑑賞したが、奴隷はマスクをかぶらされ、尻を叩かれてはニードルプレイに興じ、彼女に罵られて快感を得ていた。プレイを終えた彼女に話を聞いた。

「お医者さんプレイと血が好きよ。針やメス、浣腸、ステンレスの医療器具を用いたプレイは、私を高揚させてくれる。それに合わせて奴隷のお尻をスパンキングするのが大好き。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載