>   >   >  更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【24】/幽霊、去りゆく偶像と消える自由業。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【24】

相次ぐアイドル・俳優の"引退"に見る「偶像の聖域なき大衆化」…幽霊、去りゆく偶像と消える自由業。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

相次ぐアイドル・俳優の引退に見る「偶像の聖域なき大衆化」…幽霊、去りゆく偶像と消える自由業。の画像1
テレビと芸能を語ろうと思うなら、個人の生理的な好き嫌いを隠してはならないし、加えて矜持も必要だ。

 今月の本誌の特集も含めて、「最近、アイドルや俳優の引退が多い」という話題はあちこちでよく聞くが、その現象自体は、芸人まで含めてタレントの過剰供給状態で、報じるメディアも拡大した結果、契約終了まで話題として可視化され、消費される「偶像の聖域なき大衆化」だ。

 芸能事務所の歴史は、やくざ者の興行でしかなかった第1期から、月給制などを取り入れることで正業となった第2期を経て、現在は企業コンプライアンスなどを強化した第3期に入った、と言えるだろう。ところが、第1期のシステムや因習も残っているのに、第3期は引退や契約終了の理由まで事細かに明示しなければならなくなっている。これはこれで当人たちにとってはたまったものではない。当然、言いたくないことも含まれているのは成宮寛貴の一件を見ればわかるだろうし、それでも現役を続けようとすれば、今度は清水某のように露悪的にならざるを得ない。能年某はとりあえず本人に後ろめたさがなかったから、アニメや声優といった「第2芸能界」を利用してうまくロンダリングできたが、小林幸子の復活劇のように、第1と第2をシームレスに渡り歩く老獪な痛快さはない。

 和田アキ子はニッポン放送のラジオ番組で、山本裕典の一件を「何を理由に解雇になるんだろう?」と評したが、第2期の先駆だったホリプロの最古参で、第2期の「やくざ者と大衆の中間」な世界観に過剰適応することで「芸能界のご意見番」に祭り上げられた和田が首を捻っているのは、第3期の過剰にクリーンさを装ういびつな状況だ。だからこそ、老害と罵られているのだが、引退でも続行でも釈然としない閉塞感が漂ってしまうジャンルで生きているのは、ライターも同じだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』