>   >   > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【46】/ヒップホップ育ちの越境者【ヴィン・ディーゼル】
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【46】

【ヴィン・ディーゼル】ヒップホップ育ちの越境者ヴィン・ディーゼルに捧ぐ!

+お気に入りに追加
サイゾープレミアが100円で読める!!

『xXx: Return of Xander Cage』

1705_QB_JK_05_230.jpg

V.A. (販売元:ランブリング・レコーズ)

ヒットしたアメリカーノズ「In My Foreign」にフィーチャーされているニッキー・ジャムは、これまたレゲトン・アーティストで、本編にも登場する。また、主役ヴィン様の舎弟ニックスを演じる中国系カナダ人クリス・ウー(元EXO)も1曲提供。そして最後を締めくくるのはもちろんアイス・キューブだ! イェイイェイ!


“ギャップ萌え”という耳慣れない言葉を知ったのは、数年前だったか。当時の私はインターFMで『モンゴリアン・デスロック』という番組をやっていた。同局の「音楽重視姿勢」のまったく逆を行くトーク詰め込みすぎの内容で、嫌がられた記憶がある。

 ある日のこと。タピオカ・ミルクティーを飲みながらスタジオに現れた私を見て、相方である菅野結以(モデル)が、“ギャップ萌え”と言ったのだ。

 だが。「丸屋九兵衛とタピオカ・ミルクティー」くらいのギャップで萌えるなら、この人の場合はどうなのだろう。

 その男の名は、ヴィン・ディーゼル。外見もすごいが、中身も逆ベクトルに向かってすごい。

 黒人の父と白人の母の間に生まれ、母が再婚した演劇関係者(黒人)の影響で演技に興味を持ったヴィン様が、人知れずメディアに登場し始めるのは90年前後。いとこのラッパーであるクワメが率いるグループ、クワメ&ア・ニュー・ビギニングのバックダンサーとして、だ。だから、出自はとってもヒップホップなのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
サイゾープレミアが100円で読める!!

Recommended by logly
サイゾープレミアが100円で読める!!!!!!

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載