>   >   > マンガは美容をどう表現するのか?【1】/【美容マンガ】が描く女性心理

――医療をテーマにしたマンガは数あれど、“美容整形”をテーマにした作品はそう多くないはずだ。だが人間にとって美貌を求めることは、本能のひとつであることに疑いはなく、これをテーマにしたマンガには名作が散見される。そこで描かれる“美”への追及は、何を表しているのだろうか。

結局、見た目よりも中身が重要なのか?整形はタブーという男の幻想と 美容マンガが描く女性心理の画像1
沢尻エリカ出演『ヘルタースケルター』の映画版ポスター。

 手塚治虫の名作マンガ『ブラック・ジャック』に、「スター誕生」という有名なエピソードがある。主演映画で高い評価を得て、女優賞も受賞したひとりの女性。しかし彼女の美貌は整形によって作り替えたものだった。地味な片田舎の少女だった自分を生まれ変わらせてくれたのは、主人公である天才外科医ブラック・ジャック。そして彼女は彼を恋い慕っていた。

 若かりし頃、その女優は整形手術を受けるため、天才的な外科医ブラック・ジャックを訪れるが「人間は生まれたままの個性が美しいのだ」と反対された。だが、ブラック・ジャックは彼女の堅い決心に折れ、顔へメスを入れる。やがて成功した彼女が、再びブラック・ジャックのもとを訪れると、部屋には整形前の彼女の写真が飾られており、彼は「その娘はもう死んだ。魅力的な子だった」と言うのだった。

 このエピソードには、美容整形で美しくなるという考えを拒絶する、極めて男性的な心理が表れているのかもしれない。『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』(共に星海社新書)の著書があるライターの北条かや氏は、このエピソードを読んでこんな感想を漏らす。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載