>   >   > 巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!/マラソン好き【村上春樹】の軽さ

――2007年に発売された村上春樹のエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』が、なんだか村上春樹すぎてどうにもこうにもムズがゆい。その名言の数々を、他の芸能人ランナーとの言葉になぞらえて勝手に分析!

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、そのむずがゆさを読解!の画像1
『騎士団長殺し』公式HPより。

 村上春樹はガチで走っている。30年以上毎日走り続け、フルマラソンは3時間半を切り、100キロマラソンの完走経験もある。エッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』(文春文庫、単行本は2007年に刊行/以下、『走ること』)も出版している。同書には、村上の人生哲学が随所に散りばめられている。たとえばこんな文章。

「小説家という職業に──少なくとも僕にとってはということだけれど──勝ち負けはない。発売部数や、文学賞や、批評の良し悪しは達成のひとつの目安になるかもしれないが、本質的な問題とは言えない。(中略)そういう意味では小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」

 初版100万部作家の余裕が充分に伝わってくる。少しでも目立つ棚に置いてもらおうと書店まわりをして汗を流す作家もいるが、村上ほどになると「部数は本質的な問題ではない」としてカウアイ島のノースショアで汗を流す。

 走ることそのものの喜びについて、村上は次のように語る。

「ここまで休むことなく走り続けてきてよかったなと思う。なぜなら、僕は自分が今書いている小説が、自分でも好きだからだ。この次、自分の内から出てくる小説がどんなものになるのか、それが楽しみだからだ。(中略)未だにそういう気持ちを抱くことができるというのは、やはりひとつの達成ではないだろうか。いささか大げさかもしれないけれど『奇跡』と言ってもいいような気さえする」(『走ること』)

「奇跡」というJ-POPの禁じ手を臆面もなく盛り込んで許されるのは村上しかいない。超訳するとこういうことだと思う。

「(フルマラソンを走って)新しい自分と出会えた気がして、前より自分のことを、好きになれました」(安田美沙子「NIKE ホームページ)

 安田のベストタイムは3時間44分56秒。安田の感動をデコると村上氏の文章になる。

 しかし、村上はもう68歳。地球一周を完走した間寛平よりも6カ月誕生日が早い。加齢による体力低下は全ランナーが抱える悩みだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』