>   >   > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/「語る」だけではないトーク術
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【24】

「声に出して読める哲学書」とは? 翻訳者がニーチェのトークを現代によみがえらせる!

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『森一郎さんトークショー ニーチェの主著『愉しい学問』で遊ぶ「声に出して読める」哲学書の魅力』

「声に出して読める」哲学書を翻訳した翻訳者のトークショーで現代によみがえるニーチェのトークの画像1

人物:ニーチェ 日時場所:2017年3月18日 @八重洲ブックセンター

『愉しい学問』翻訳者・森一郎さんのトークショーで朗読されたニーチェの言葉はある意味、現代に蘇ってきたニーチェのトーク!? とアクロバティックに解釈してみた!


 ニーチェのトークショーが今から聞けるんすけど、いかがっすか? と声をかけられたら、誰だって怪しむ。かの哲学者フリードリヒ・ニーチェは1900年、55歳で亡くなっているからトークショーなど2017年に開催できるわけがない。だが、解釈によってはそんな不思議なトークショーが行われた、ともいえる。

 今年に入って、森一郎さんの訳書『愉しい学問』(講談社学術文庫)が出版された。ニーチェのこの本にはこれまで『悦ばしき知識』『華やぐ知慧』など複数の既訳があり、12年には村井則夫さんの新訳『喜ばしき知恵』(河出文庫)が出たばかりで、なんとか読了した記憶がある。今回の森さんの翻訳は現時点で最新版となり、その出版を記念してトークショーが行われた。イベントのサブタイトルには「『声に出して読める』哲学書の魅力」とあり、当日は森さんのどんなお話が聞けるのかと胸躍らせて会場へ向かった。

 壇上に座った森さんは開口一番、「今日のわたくしの話は、あくまでも朗読の前座ですから」と言う。どうやらこの日のメインディッシュは森さんのトークではなく、『愉しい学問』の朗読であるというのだ。これは面白い展開である。アングルを変えれば、これは「ニーチェのトークショーが聞ける」ということになるではないか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』