>   >   > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/「語る」だけではないトーク術
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【24】

「声に出して読める哲学書」とは? 翻訳者がニーチェのトークを現代によみがえらせる!

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『森一郎さんトークショー ニーチェの主著『愉しい学問』で遊ぶ「声に出して読める」哲学書の魅力』

「声に出して読める」哲学書を翻訳した翻訳者のトークショーで現代によみがえるニーチェのトークの画像1

人物:ニーチェ 日時場所:2017年3月18日 @八重洲ブックセンター

『愉しい学問』翻訳者・森一郎さんのトークショーで朗読されたニーチェの言葉はある意味、現代に蘇ってきたニーチェのトーク!? とアクロバティックに解釈してみた!


 ニーチェのトークショーが今から聞けるんすけど、いかがっすか? と声をかけられたら、誰だって怪しむ。かの哲学者フリードリヒ・ニーチェは1900年、55歳で亡くなっているからトークショーなど2017年に開催できるわけがない。だが、解釈によってはそんな不思議なトークショーが行われた、ともいえる。

 今年に入って、森一郎さんの訳書『愉しい学問』(講談社学術文庫)が出版された。ニーチェのこの本にはこれまで『悦ばしき知識』『華やぐ知慧』など複数の既訳があり、12年には村井則夫さんの新訳『喜ばしき知恵』(河出文庫)が出たばかりで、なんとか読了した記憶がある。今回の森さんの翻訳は現時点で最新版となり、その出版を記念してトークショーが行われた。イベントのサブタイトルには「『声に出して読める』哲学書の魅力」とあり、当日は森さんのどんなお話が聞けるのかと胸躍らせて会場へ向かった。

 壇上に座った森さんは開口一番、「今日のわたくしの話は、あくまでも朗読の前座ですから」と言う。どうやらこの日のメインディッシュは森さんのトークではなく、『愉しい学問』の朗読であるというのだ。これは面白い展開である。アングルを変えれば、これは「ニーチェのトークショーが聞ける」ということになるではないか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』