サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 筋肉=笑いの方程式 【1】/【筋肉映画】で紐解くマッチョ
今じゃタフネスからセクシーに様変わり!?飛行機から落ちても死なない!筋肉映画のバカさが許される理由の画像1
公開から20年以上経つが、シュワルツェネッガー主演の『コマンドー』(85年)は、ディレクターズ・カット版Blu-rayが完売するなど、いまだに人気。

――アーノルド・シュワルツェネッガーやシルヴェスター・スタローン主演の「筋肉映画」は、荒唐無稽の代名詞だが、それはストーリーのご都合主義か、そもそも過剰なまでに鍛え上げられた肉体は、もはやコミカルに見えてしまうのか? そんな、筋肉映画における常識外の誇大表現がおもしろい理由を探る!

「筋肉は美しい」――その一方で、筋肉にある種の「滑稽さ」を見出す人も多いのではないか? そんな筋肉観がわかりやすく投影されているのが映画、特にハリウッド映画だ。例えば『コマンドー』【1】(1985年)や『ロッキー4/炎の友情』【2】(86年)はその筆頭だろう。『コマンドー』ではアーノルド・シュワルツェネッガーがひとりで軍隊を壊滅させ、『ロッキー4』では、シルヴェスター・スタローンが階級無視の試合を制し、その試合に感動したゴルバチョフ(に、やたら似ている俳優)がスタンディング・オベーション……。これらの映画は、まさに筋肉に付きまとうユーモラスなイメージの源泉でもある。ここでは映画と筋肉の関係と、時代ごとの筋肉を巡る価値観の変化を分析し、筋肉が笑える理由と、我々が抱える筋肉観を解き明かしていこう。

過剰な問題処理とスペシャルエフェクト

 なぜ我々は筋肉を笑ってしまうのか? 東京大学大学院に在籍し、学会で「シュワルツェネッガーとアトミック・マッスル」という発表をしたこともある入江哲朗氏は、『コマンドー』を例に「脳まで筋肉でできているような、力はすごいけどバカな人」を指す言葉、いわゆる「脳筋」を交え、こう分析する。

「多くのアクション映画は、主人公が問題をクリアしていくことで進みます。シュワルツェネッガーの映画も物語の構造は同様です。ただし、問題の解決方法が大きく異なる。『コマンドー』では、敵に電話をかけさせないために、敵を電話ボックスごと引っこ抜いて放り投げてしまう。明らかに問題をクリアする以上のことをしている。筋肉を使って、問題を観客の予想を超える方法で解決してしまう。この“脳筋化された問題処理プロセス”がおもしろく、同時にユーモラスなんです」

 通常の映画ではヒーローが問題を処理することで、観客はカタルシスを得る。しかし、シュワルツェネッガーの場合は、それと同時に「何もそこまでしなくても」という驚きがあり、観客はその過剰さに笑ってしまう。これこそ筋肉に宿る、滑稽さの正体なのだ。

 それにしても、なぜこんな荒唐無稽な映画が成立したのか? 入江氏は77年に『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』が公開された点に注目。大規模なスペシャルエフェクト(特殊効果)を駆使した、この2作が大ヒットしたことによって、観客が映画に求めるリアリティの質が変化したという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』