>   >   > 【芸能ニュース】歌姫・宇多田ヒカルのソニー移籍マル秘事情
ニュース
過去にはユニバーサルとの間に確執も…

破格の10億円で契約!歌姫・宇多田ヒカルのソニー移籍【秘】事情

+お気に入りに追加

宇多田ヒカルがソニーへ巨額移籍

2010年に「人間活動」の専念を宣言し、その後しばらく活動を休止したものの、16年に再開し、昨年は久しぶりにアルバム『Fantôme』をリリースして再注目を浴びる宇多田ヒカル。そして今年2月、所属していたレコード会社ユニバーサルを抜けて、ソニーへ移籍することを発表したが、トンデモない金額で契約が交わされたという。

1705_utada01_230.jpg
16年8月、宇多田ヒカルが前作から約8年半ぶりの6thアルバム『Fantôme』を発表。今年1月にセールスが100万枚を突破した。

 去る2月9日、宇多田ヒカルがユニバーサル ミュージックとの契約を満了し、3月1日付でソニー・ミュージックレーベルズへ移籍することを自身の公式ブログで発表。宇多田はもともと1998年に東芝EMI(当時)からデビューしているが、同社が2013年の組織改編によりユニバーサルに吸収合併されたことで、彼女もユニバーサル所属のアーティストとなった。よって、宇多田にとっては今回が初の“移籍”となる。

 近年の宇多田は、10年8月に「人間活動」【1】に専念すべくアーティスト活動休止を宣言したが、結婚・出産を経て16年4月に表舞台へ復帰。同年9月には約8年半ぶりとなるアルバム『Fantôme』を発表し、年末には『NHK紅白歌合戦』に初出場。17年には同アルバムがCDとデジタル配信を合わせて100万枚のセールスを達成し、これにより宇多田の全アルバムがミリオンセラーを記録するなど、健在ぶりを世に知らしめた。

 こうしたドル箱アーティストのレコード会社移籍だけでも大きなニュースだが、真に驚くべきは、その契約金額。大手レコード会社社員A氏によれば「宇多田は3年契約、10億円でソニーとサインした」というのだ。これは日本の音楽業界では破格であり、単純に計算して1年間で約3・3億円というのは一流プロ野球選手の年俸並みである。

 加えて、A氏によれば宇多田の移籍にはもうひとつポイントがある。それは、宇多田がEMI時代から絶大な信頼を寄せる制作チームの3人も、ユニバーサルからソニーに移るということだ。

「宇多田はデビューから一貫してプロデューサーの三宅彰氏、ディレクターの沖田英宣氏、プロモーターの梶望氏の3人と音楽制作を共にし、実質的に彼らが彼女のマネジメントも取り仕切ってきました。この体制はEMIがユニバーサルに吸収された際も揺るがなかったし、宇多田自身も彼ら3人以外とは組みたくないでしょうから、ソニーとしてもその“宇多田チーム”を丸ごと引っこ抜く必要があった」

 宇多田はブログで今回の移籍を「初めてのお引っ越し」と表現したが、それはなかなかに大がかりなものだったのだ。しかし、本当にこのためだけにソニーが10億円もの大金を用意したのか――。それを説明する前に、まずは宇多田がユニバーサルを離れた背景を整理したい。

 宇多田とユニバーサルの間には過去に確執があり、それは10年11月、ユニバーサルが宇多田のベストアルバム『Utada The Best』を“勝手に”発売したことに起因する。

 ここが少々ややこしいのだが、当時の宇多田はまだ東芝EMIに所属していたのに、なぜユニバーサルが彼女のベスト盤を出せたのか。それは、全米デビューを控えた宇多田が、02年にユニバーサル傘下のアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループと専属契約を結んでいたからだ。要するに『Utada The Best』は、宇多田が洋楽アーティストとして使用していたUtada名義でアイランド・デフ・ジャムから発売した音源を、ユニバーサルが編集したアルバムだった。しかも同作は、東芝EMIが編集したベスト盤『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』と同日に発売。これに宇多田は憤慨し、自身の公式ツイッターで『Utada The Best』の不買を呼びかける異例の事態となった。

「だから当然、EMIがユニーバサルに吸収された頃から宇多田は移籍を望んでいましたし、EMIのスタッフの多くもユニバーサルの傘下に入ることを快く思っていなかった。実際、ヒエラルキー的にも親会社であるユニバーサルの社員のほうが立場が上。その中で宇多田チームの3人はある種特別なポジションにいましたが、大きな溝がある社内で窮屈さを感じていたでしょうから、彼らにとってもソニーへの移籍は渡りに船だったのでは」(同)

MEMO『宇多田ヒカル』
まだ15歳だった98年にシングル『Automatic/time will tell』でデビュー。翌年発表の1stアルバム『First Love』は760万枚以上売れたが、その後の海外進出はさほど成功せず。

 しかし、この宇多田チームがソニーで従来通り機能するか疑問視する声も。音楽業界関係者B氏は「宇多田のようなビッグネームでも、“ソニーイズム”には逆らえない」と指摘。

「例えばアーティスト側がトンガった楽曲で勝負したいと進言しても、必ずソニーの上層部から大衆的な味付けを要求されるんです。だから、新しいことをやりにくい。宇多田は、EMI~ユニバーサル時代は三宅、沖田、梶のトリオに守られる格好で、彼女自身がクリエイティブ・コントロールの全権を握れるシステムが出来上がっていましたが、それがソニーで通用するのか……」(同)

 要は、ユニバーサルとは別の種類の確執が生まれる可能性も否定できないのだ。その一方で、彼女が移籍したのがソニー・ミュージックレーベルズの社内レーベルであるエピックレコードジャパンだという点に着目すれば、ソニー側の意図が透けて見えるという。

「今のエピックは、稼ぎ頭が不在なんです。16年まではいきものがかりがその役割を担っていたのですが、17年1月に活動休止しましたからね。そこに、宇多田ヒカルというドル箱アーティストを招聘するというのは、エピックにとって大きな起爆剤になるのかもしれません」(同)

 冒頭で触れた通り、宇多田のアルバムは全作ミリオンセラーとなっており、ポテンシャルは十分である。さらに、彼女にはデビュー曲「Automatic」をはじめとする過去の音源という“金脈”もある。これこそが、契約金10億円の内訳の大部分を占めるのではないかと、先のレコード会社社員A氏は見る。

1705_utada02_230.jpg
デビュー記念日の16年12月9日に行われたネットイベント「30代はほどほど。」より。現在34歳の宇多田は、40歳を迎えるまで平穏無事に過ごせるのか?

「アーティストがレコード会社を移籍する場合、本来はその原盤権は移籍元に残るものなのですが、今回の宇多田の場合は原盤権もすべてソニーに持っていくのではないかと囁かれています。もし原盤権がユニバーサルに帰属していれば、宇多田移籍後もユニバーサルはEMI~ユニバーサル時代の彼女の音源をコンピレーションなどで出せるし、そんなおいしいアイテムを使わない手はない。でも、それは宇多田がもっとも嫌がることでもありますよね」(A氏)

 確かに、それでは『Utada The Best』の二の舞いである。そもそもの確執の原因を鑑みるに、ユニバーサルに原盤権を置いたまま宇多田が「お引っ越し」するとは考えにくい。

「宇多田が年内中に新作アルバムをリリースすることはすでに発表済みですが、契約に際して3年間でアルバムを何枚、シングルを何枚というのはあらかじめ決められているはず。その中で、これは臆測にすぎないですが、1枚はベストアルバムを出すのではと噂されています。その場合、今後の音源だけでは足りないですから、宇多田が所属し、父・照實氏が社長を務める事務所U3MUSIC【2】が、すでに過去音源の原盤権を100%所有している可能性もあるでしょう」(同)

 ソニーが用意した10億円という契約金は、いきものがかりの抜けた穴を埋め、かつ原盤権という“宇多田利権”を手にするためだと考えれば、合点がいく。いずれにせよ、宇多田はB氏の言うようにソニーイズムに染まってしまうのか、あるいはベスト盤は本当に出るのか。この10億円の行方を見守りたい。

(編集部)

【1】人間活動
2010年8月、宇多田は翌年以降のアーティスト活動をやめて「人間活動」に専念することを発表。「これは『引退宣言』ではありません! でも、『休養』でも『充電期間』でも無いんです」と公式ブログで断ったが、事実上、活動休止に。16年4月に活動を再開するまでの間、再婚・出産を経験した一方、本文で触れた『Utada The Best』騒動や、母・藤圭子の自殺といった憂き目にも。

【2】U3MUSIC
宇多田ヒカルの父である宇多田照實氏が代表取締役を務める有限会社。その名の通り、母である故・藤圭子も所属していた。なお、照實氏は娘の音楽のプロデュースに積極的に参加してきたことでも知られ、かつて東芝EMIが推進していたCCCD(コピーコントロールCD)を疑問視し、娘の作品のCCCD化を断固拒否した。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

美容と筋肉の(裏)事情

美容と筋肉の(裏)事情

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

インタビュー

連載