>   >   > 【芸能ニュース】キムタク、さんまに話芸を学び「中居潰し」を画策?
ニュース
【premium限定ニュース】

キムタク、さんまに話芸を学び「中居潰し」を画策?

+お気に入りに追加
1704_kimura.jpg

 明石家さんまと元SMAP木村拓哉が出演した4月10日放送の『さんタク』(フジテレビ系)の視聴率が10.4%だったことがわかった。

 同番組は「2人のやりたいことをやる」をテーマに、特別番組として03年にスタート。今回は、木村がさんまの1日付き人になり、ゴルフの練習やラジオ、フジテレビ、さらには深夜の合コンにまで同行した。

「SMAPの解散騒動で地に落ちた木村のイメージ回復のための番組という感じでしたね。さんまもグループ解散の真相をツッコもうとしていましたが、木村はそれを無下に拒否。ネットで叩かれることをおそれてか合コンでもおとなしく、全体的に消化不良の内容でした。ジャニーズサイドはフジテレビに『SMAP×SMAP』を終わらせた“借り”があり、双方とも視聴率15%超えを期待していたのは間違いない。しかし、裏番組も軒並み7~11%と横並びでしたし、かろうじての2桁超えは正直微妙な数字ですね」(テレビ関係者)

 それでも木村のバラエティ進出がこれから本格化すると予想するのは、別のテレビ関係者だ。そこには、あの男への“宣戦布告”という意味合いも含まれているという。

「ジャニーズは幹部候補の木村のイメージ回復を図るために、今後はバラエティ展開して“いい人”イメージを植え付けたい考えです。そのためにも、木村は本気でさんまから話芸を学ぼうとしていたといいます。そして、その先に見据えているのは中居正広とのガチンコ対決です。木村以外の元SMAPメンバーの退所は規定路線ですから、ジャニーズもそれを見越して中居の後釜に木村を据えようと目論んでいるようですね。しかし、今回の放送を観ても、やっぱり木村にはバラエティは向いてないように見えましたが」

 MCで中居と張り合うには、さんまの1日付き人では全然足りなかったようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』