>   >   > 【芸能ニュース】キムタク、さんまに話芸を学び「中居潰し」を画策?
ニュース
【premium限定ニュース】

キムタク、さんまに話芸を学び「中居潰し」を画策?

+お気に入りに追加
1704_kimura.jpg

 明石家さんまと元SMAP木村拓哉が出演した4月10日放送の『さんタク』(フジテレビ系)の視聴率が10.4%だったことがわかった。

 同番組は「2人のやりたいことをやる」をテーマに、特別番組として03年にスタート。今回は、木村がさんまの1日付き人になり、ゴルフの練習やラジオ、フジテレビ、さらには深夜の合コンにまで同行した。

「SMAPの解散騒動で地に落ちた木村のイメージ回復のための番組という感じでしたね。さんまもグループ解散の真相をツッコもうとしていましたが、木村はそれを無下に拒否。ネットで叩かれることをおそれてか合コンでもおとなしく、全体的に消化不良の内容でした。ジャニーズサイドはフジテレビに『SMAP×SMAP』を終わらせた“借り”があり、双方とも視聴率15%超えを期待していたのは間違いない。しかし、裏番組も軒並み7~11%と横並びでしたし、かろうじての2桁超えは正直微妙な数字ですね」(テレビ関係者)

 それでも木村のバラエティ進出がこれから本格化すると予想するのは、別のテレビ関係者だ。そこには、あの男への“宣戦布告”という意味合いも含まれているという。

「ジャニーズは幹部候補の木村のイメージ回復を図るために、今後はバラエティ展開して“いい人”イメージを植え付けたい考えです。そのためにも、木村は本気でさんまから話芸を学ぼうとしていたといいます。そして、その先に見据えているのは中居正広とのガチンコ対決です。木村以外の元SMAPメンバーの退所は規定路線ですから、ジャニーズもそれを見越して中居の後釜に木村を据えようと目論んでいるようですね。しかし、今回の放送を観ても、やっぱり木村にはバラエティは向いてないように見えましたが」

 MCで中居と張り合うには、さんまの1日付き人では全然足りなかったようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』