>   > 片岡沙耶と考える下着デザイン事情/男は知らない【下着事情】

――グラドルとしてさまざまな水着を着こなしてきた片岡沙耶。被写体として魅力的なことはいわずもがなだが、つくり手としての一面も持ち合わせていることをご存じだろうか?文化服装学院ニットデザイン科で3年間デザインを学び、卒業制作では教師の反対を押して、ルームウェアという視点からランジェリーをデザイン/制作したのだ。在学中から始めた被服への情熱はさらに勢いを増し、ツイッターや雑誌で自作のランジェリー水着を公開するに至っている。そんな片岡さんが、下着コンシェルジュ見習いのA実さんといっしょに、日本のランジェリー事情について考察する。

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

17043toku01_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

なぜ男性は下着の上下バラバラを嫌うのか?

17043toku02_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

片岡沙耶(以下、片岡)男性は、“下着が上下バラバラだと萎える”という意見が多いそうですね。

――一方で女性は、2013年のマイナビウーマンの調査によると「『上下お揃い』派が約4割なのに対し、『上下バラバラ』派が6割に達する勢い」とあります。

片岡 どうしてブラジャーとショーツがお揃いじゃないとイケナイのでしょうか。あえて上下をバラバラにすることのほうがファッション性を感じますよね。素敵なブラジャーと、素敵なショーツを選んで、それを自分好みに組み合わせる。センスさえあればどんどんおしゃれにコーディネートできるし、そこには無限の可能性があるはずです。

――実はブラジャーは、これまで機能性を重視した商品で、表面上のデザインやファッション性については、最近やっと一般でも話題にのぼってくるようになりました。女性のニーズに合わせて、ワコールでは、上下別々のコーディネートを楽しむことを宣伝文句にした「IN CARAT(インカラット)」というラインを展開していますよね。またワコールアメリカがとりあつかう「b.tempt'd(ビーテンプティッド=誘惑される)」というブランドも、ピンクのレースブラとピンク&ブルーの水玉ショーツを合わせるなど、ブラとショーツをセットだけではなく、ハズして楽しもうという提案をしています。

片岡 私が上下バラバラコーデを楽しむなら、ショーツは綿のパンツ一択です。穿きやすさでいうと、子どものころに穿いていたような綿のパンツに勝てるものはありません。ブラジャーも綿素材のもので揃えたいところですが、私の場合はサイズ的になかなか見つけられなくて。どうしても大人っぽいデザインになる。大人っぽいブラジャーと、子どもみたいな綿のパンツの組み合わせに萌えてくれる男性だったら、すごくわかり合えそうです。

胸の大きい女性にはおしゃれデザインがない不思議

17043toku03_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

片岡 よく言われることですが、大きいお胸のサイズのブラは、おしゃれなデザインのものが少なくて、びっくりします。

――日本の場合、下着のサンプルはたいていC70を基本にして作られています。一部、G70のサンプルもあるようですが、これが、日本人の平均的なサイズということなんですよね。

片岡 私が、初めてワイヤー入りのブラジャーを着けたのは、中学校1年生の終わりごろでした。そのころはまだ、安くてかわいらしいブラジャーでもサイズがあったんです。でも、どんどん成長していって、いつの間にやらG65になりました。こうなると自分に合うサイズのブラジャーで気に入るものが、本当に少ない。苦肉の策で、サイズをずらしてFの70で探しています。日本は豊かな国で、食べ物も品物も溢れている。でも、胸が豊かな女子に合うブラジャーは、ぜんぜん溢れていないんです。チープにランジェリーを楽しむ、というファッション的な視点で楽しむことは夢のまた夢です。やはり需要が少ないのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』