サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > アイドル誌の企画力に刮目【3】/アイドル【ファンクラブ会報】の世界
第1特集
アイドル誌の企画力に刮目【3】

セットで10万円超のプレミアも! 堀北真希は価格下落!?ファンクラブ会報の世界

+お気に入りに追加

――雑誌は雑誌でも、限られた者にしか閲覧できないもののひとつに「ファンクラブ会報」がある。ファンのみが知るその世界について、アイドルグッズ専門店に聞いた。

セットで10万円超のプレミアも! 堀北真希は価格下落!?ファンクラブ会報の世界の画像1
1986年4月に亡くなったアイドル、岡田有希子のファンクラブ会報「YUKIKO」第3号。手作り感あふれるデザインである。(写真提供/カルチャーステーション)

 こちらの記事ではジャニーズ系雑誌の知られざる世界をひもといたが、ここでは女性アイドルや女優たちのディープな世界を探るべく、「ファンクラブ会報」について掘り下げてみたい。

 ファンクラブ会報とは、芸能事務所が運営するファンクラブから定期的に会員へ配布される冊子のことだ。刊行の頻度はさまざまだが、年に3~4冊程度が一般的。ファンクラブの年会費の相場が3000円から5000円程度なので、単純計算すると会報1冊当たり1000円前後となる。

 会報の編集は事務所主導で行われ、その会報限定のインタビューやオフショットが掲載される。また、一般の雑誌ではあまり取り上げられないようなタレントの趣味が全開となった企画も少なくない。あるアイドルのファンクラブ会報を手がける編集者はこう話す。

「アイドル自身が企画のアイデアを出すことも多いです。“好きなアーティストと対談したい!”とか。でも、会報ってそのアイドルのファンしか読まないので、載る人にはあまりメリットがないんですよ。予算もそれほど多くないので、ギャランティも少ないし、対談相手のブッキングはかなり難しい。そのくせアイドルはアレしたいコレしたいと言ってくるので、編集はかなり大変です」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』