>   >   > アイドル誌の企画力に刮目【1】/【ジャニーズ】トンチキ企画

――「Myojo」「WiNK UP」「ポポロ」「POTATO」「duet」、若きジャニーズアイドルが毎月大挙して出演する5大アイドル誌は、実はジャニーズアイドルを好き勝手いじり倒す企画が目白押しだ。ジャニオタ/非ジャニオタ双方の目から見ても引っかかる“トンチキ”企画をピックアップ!

ウェブには出ないジャニタレだからこそできる……のか? 愛されNo.1はA.B.C-Z!アイドル誌トンチキ企画を愛でるの画像1
「Myojo」2017年3月号(集英社)

「頓痴気【とん-ちき】──とんま。まぬけ。人をからかい、ののしっていう語」(デジタル大辞泉)。この罵倒語が、いつの頃からか片仮名の「トンチキ」として、オタク女子の間で広く流通する言葉になった。ニュアンスとしては、設定や内容が突飛であったり過剰すぎて常人にはちょっと理解しがたく、ツッコミどころが感じられるもののそれも含めて面白さ/愛おしさを覚える、といった意味合いを持つ。さまざまなジャンルのオタクが使用するが、中でも登場頻度が高いのがジャニーズ関連である。

 ジャニーズは、トンチキの権化ともいえる集団だ。Sexy Zoneがなぜかドバイの風景の中でのラブソング(?)を歌った「バィバィDuバィ~See you again~」は近年のトンチキ曲の代表格だし、“幻の13月を探しに行く”若手総出演舞台『ジャニーズ・ワールド』もトンチキ舞台として熱い人気を集めている。ジャニー喜多川の壮大かつ独自の世界観をベースに持つジャニーズは、トンチキさがあってこそ輝くものなのだというのは、論を俟たないだろう。

 そしてその魅力は、雑誌においても同様だ。当然ながら、事務所の発行物とは異なり、雑誌は各編集部の編集方針や打ち出す企画に沿って制作される。それはジャニーズのように、メディアコントロールが厳しい事務所であっても同じことだ。提出された企画にOK/NGを出すことはできても、いちから事務所が企画に携わるわけではない。にもかかわらず、ジャニーズアイドルが出演するアイドル誌には、トンチキさが満載なのだ。

 ここでいうアイドル誌とは、「Myojo」(集英社)、「WiNK UP」(ワニブックス)、「ポポロ」(麻布台出版社)、「POTATO」(学研プラス)、「duet」(ホーム社)の5大誌、通称ドル誌を指す。ウェブ媒体には出演しないジャニーズを抱え、今最も雑誌でしか読めないことをやっている媒体といえるだろう。熱心なジャニオタに聞くと、「毎月必ず5誌全部買っています」と言う。

「変な企画やぶっ飛んだコンセプトの写真など、ツッコミどころを含めて楽しんでいます。一番トンチキな企画が多いのは『ポポロ』というのが、ジャニオタの共通認識だと思います。テキストが充実しているのは『Myojo』ですね」(30代ジャニオタ/Kis-My-Ft2担)

 こうした意見に基づき、今回本誌編集部では5大誌すべての1年分を読み返し、現在ドル誌にレギュラーで出ているグループの“トンチキさせられ度”を調査。結果を次ページからの表にまとめてみた。ピックアップした記事の出典を見ればわかる通り、確かに「ポポロ」は相当に変わった企画が多い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』