>   >   > レプロはブラック企業なのか?【3】/財務状況で見る【レプロ】の危うさ

――レプロという企業の財務状況を見てみると、いくつかの関連企業や本間社長が役員を務める企業が散見できる。中でも、電子雑誌を中心に扱うブランジスタは業界のお歴々が集う上場企業だ。では、こうした関連企業を持つ企業としてレプロの芸能ビジネスとは、いかなるものなのだろうか?

芸能ビジネスは果たして水物なのか?独立騒動で資産を売却?「レプロ」芸能ビズの危うさの画像1
↑画像をクリックすると拡大します。

 政財界で顔が広い幻冬舎の見城徹社長、かつて創業社長としては最年少で東証一部上場を果たしたネクシィーズの近藤太香巳社長、芸能界の“真のドン”と言われる田辺エージェンシーの田邊昭知社長──錚々たる面々が株主として名前を連ねるのが、東証マザーズ上場会社のブランジスタだ。

 同社は、「国内唯一の電子雑誌出版社」を謳い文句に2000年に設立された。連結売上高は16年9月期で28億2361万円、経常利益は5億232万円を計上している。主力コンテンツは、トラベルウェブマガジン『旅色』など11誌の電子雑誌で、それらの売上高は18億2099万円。そのほか、ウェブサイトの制作・運営代行などを手がけている。

 同年6月には、連結子会社のブランジスタゲームが、これまた芸能界の重鎮である秋元康を総合プロデューサーに迎えてリリースした、スマホアプリのクレーンゲーム『神の手』が話題を呼んだ。

 これはクライアント企業から景品の提供と広告収入を得て、ユーザーが広告動画を視聴すれば無料プレイチケットをもらえるという、いわゆる広告ビジネスだ。一方、AKB48などとのコラボ企画では、ユーザーが課金してプレイポイントを購入し、ここでしか手に入らない限定商品をゲットするという課金ゲームでもある。

 そんなブランジスタの沿革を遡ってみると、芸能プロダクションのレプロエンタテインメント(以下、レプロ)にたどり着く。07年、ネットを利用したエンタテインメントコンテンツの企画・運営を目的として、ネクシィーズとレプロの共同出資により、ブランジスタの母体が作られているのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』