>   >   > エクストリームな欧米のファッション誌【1】/尖りすぎてる!【海外ファッション誌】

【こちらの記事とご一緒にご覧ください】

――欧米のファッション誌というと、「VOGUE」や「ELLE」といったモード誌を思い浮かべる読者もいるだろう。だが海外では今、そうした雑誌では味わえない尖った写真や記事が炸裂するファッション誌が増殖中!? ロンドン在住のアートライターが、現地のインディ雑誌を中心に渉猟し、その最新動向をレポート。

クロエ・セヴィニーのアソコに海老が!モデルのヌード写真は当たり前!?海外ファッション誌の最尖端の画像1
「MARFA JOURNAL」3号では、女優クロエ・セヴィニーが股間にロブスターを着用した。

 ロンドンに長いこと住み、美術や写真について書いてきたせいか、ときどき欧米のファッション誌についてリサーチを頼まれる。前回はサイゾー2014年2月号の雑誌特集のときだったが、今回も海外ファッション誌の最新動向をレポートしてほしいと編集部から依頼があったので、早速、雑誌ハントに出かけた。

 まず、私が向かったのはソーホー地区にある、ロンドンでももっとも雑誌の品揃えがよいことで有名なニュース・エイジェント(雑誌や新聞、食料品などを販売するコンビニサイズのショップ)の「ウォードー・ニュース」だ。雑然とした店内に何百種類ものタイトルが並ぶ、雑誌天国のような店である。そこには「VOGUE」「ELLE」といった定番系から、「DAZED」「AnOther Magazine」「10Magazine」などのロンドンの地元系、すっかりメジャー入りした「FANTASTIC MAN」「The Gentlewoman」「032c」など数多くのファッション誌が並ぶ。しかし驚くのが、見慣れない雑誌の数々だ。「System」「SSAW」「PYLOT」「MARFA JOURNAL」「UNBLOCK」と初めて見るタイトルがたくさんあり、ほんの数年の間にシーンがすっかり変わってしまったのを感じる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載