>   >   > エクストリームな欧米のファッション誌【1】/尖りすぎてる!【海外ファッション誌】

【こちらの記事とご一緒にご覧ください】

――欧米のファッション誌というと、「VOGUE」や「ELLE」といったモード誌を思い浮かべる読者もいるだろう。だが海外では今、そうした雑誌では味わえない尖った写真や記事が炸裂するファッション誌が増殖中!? ロンドン在住のアートライターが、現地のインディ雑誌を中心に渉猟し、その最新動向をレポート。

クロエ・セヴィニーのアソコに海老が!モデルのヌード写真は当たり前!?海外ファッション誌の最尖端の画像1
「MARFA JOURNAL」3号では、女優クロエ・セヴィニーが股間にロブスターを着用した。

 ロンドンに長いこと住み、美術や写真について書いてきたせいか、ときどき欧米のファッション誌についてリサーチを頼まれる。前回はサイゾー2014年2月号の雑誌特集のときだったが、今回も海外ファッション誌の最新動向をレポートしてほしいと編集部から依頼があったので、早速、雑誌ハントに出かけた。

 まず、私が向かったのはソーホー地区にある、ロンドンでももっとも雑誌の品揃えがよいことで有名なニュース・エイジェント(雑誌や新聞、食料品などを販売するコンビニサイズのショップ)の「ウォードー・ニュース」だ。雑然とした店内に何百種類ものタイトルが並ぶ、雑誌天国のような店である。そこには「VOGUE」「ELLE」といった定番系から、「DAZED」「AnOther Magazine」「10Magazine」などのロンドンの地元系、すっかりメジャー入りした「FANTASTIC MAN」「The Gentlewoman」「032c」など数多くのファッション誌が並ぶ。しかし驚くのが、見慣れない雑誌の数々だ。「System」「SSAW」「PYLOT」「MARFA JOURNAL」「UNBLOCK」と初めて見るタイトルがたくさんあり、ほんの数年の間にシーンがすっかり変わってしまったのを感じる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載