>   >   > 「電子」vs「紙」の戦いは終了――雑誌最前線!【2】/ブラック企業化する【ファッション誌】
第1特集
「電子」vs「紙」の戦いは終了――雑誌最前線!【2】

雑誌を裏から読む業界コラム【1】・ブラック企業化するファッション誌の内情

+お気に入りに追加
雑誌を裏から読む業界コラム【1】・ブラック企業化するファッション誌の内情の画像1
「安かろう悪かろう」では結局ゴミになってしまうが、そもそも本当にいるか? と思ったり。

「AneCan」(小学館)を筆頭に、女性ファッション誌の休刊も目立った2016年。一方で、14年に発行元の事業停止から休刊するも復活を果たしたギャル雑誌「小悪魔ageha」(主婦の友社)が好調なことなど、明るいニュースもちらほらと聞こえてくる。

 そんな女性ファッション誌界において、「売るための武器」として重宝されているのが「付録」である。その背景には、とりあえず付録でそれなりの売り上げを上げている限りは銀行から融資を受けられるため、やめるにやめられず、自転車操業的な状態に陥っている会社が多いという事情も。もっとも、すでに付録頼みではいられないところまで来ているという見方もある。

「今は付録で話題になるのも1カ月に1点あればよい方。需要は確実に減少しているように思います」(書店員)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説