>   >   > 【スポーツニュース】名門・ヴェルディ凋落と経営難Jリーグを救うのは外資か宗教か?
ニュース
若い世代はヴェルディを知らない?

名門・ヴェルディ凋落と経営難Jリーグを救うのは外資か宗教か?

+お気に入りに追加

若い世代はヴェルディを知らない?

長らくJ2クラブに甘んじている東京ヴェルディ。人気クラブとしてスター選手を多数抱えていたのも今は昔、数々の大企業がスポンサードを務めてきた古豪は、すっかり凋落し、ついには新宗教関連企業からのスポンサードを受けるに至っている。

1704_ns02.jpg
ユニフォームに、個人名が載ることはめずらしい。(東京ヴェルディ公式サイトより)

 2月25日、今年もJリーグが開幕した。中村俊輔が横浜Fマリノスからジュビロ磐田へ移籍、また清武弘嗣がセビージャから約6億円の移籍金でセレッソ大阪へ復帰と、移籍市場が活況で、サッカーファンからは大きな期待が集まった。しかし、開幕直前にスポーツ紙や専門誌の表紙をもっとも飾り、メディアに取り上げられたのは、今年50歳でなお現役の「キングカズ」こと三浦知良だった。

「カズの功績が素晴らしいことは間違いありませんが、所属しているのはJ2の横浜FC。カズがけがをして引退でもしようものなら大ごとですから、近年では対戦するチームも明らかにカズに対して激しいプレーを控えています。97年には2億4000万円だった年俸も、現在では推定1000万円前後。1本5000万円以上といわれるCM出演料を維持するために現役を続けていると揶揄する声もあります。そんな状態なのにカズばかりに注目が集まるというのは、彼以上のスターをJリーグが生み出せていない証拠。事実、カズがゴールを決めるとあらゆるメディアで大々的に取り上げられ、露出が減っているJリーグにとっては広告塔をカズのみに頼らざるを得ないのが現状です」(Jリーグ関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載